上智大学大学院理工学研究科で博士前期課程修了後、日経マグロウヒル社(現日経BP)に入社。IT系の雑誌の記者・編集者として従事。『日経オープンシステム』(後に『日経SYSTEMS』)『日経情報ストラテジー』『日経コンピュータ』の副編集長を歴任した後、『日経BP ガバメントテクノロジー』の編集長に就任。2009年末に日経BPを退社後、フリーランスとして、テクノロジーとマネジメントが融合した領域で取材・執筆・編集・講演活動を展開。最近は、世界的なベストセラー『ザ・ゴール』を執筆したエリヤフ・ゴールラット博士が開発した全体最適のマネジメント理論「TOC(制約理論)」に夢中だ。