2007年にがん、心臓病、救命救急医療に特化し、より高度な専門医療を提供する病院として開院した埼玉医科大学国際医療センター。中でも、心臓病センターは6つの専門部門を擁し、治療実績や医療体制が充実していることから、数々の病院ランキングにおいて常に上位に位置付けられている。2010年には日本に9施設ある心臓移植実施施設に認定され、注目を浴びている。

その専門部門の一つである心臓血管外科では、患者の体に負担が少ない低侵襲治療を掲げ、冠動脈バイパス術では97%以上が人工心肺を使用しないオフポンプバイパス術を行なうほか、カテーテル治療と外科手術の組み合せ治療ができる最新のハイブリット手術室を完備。また、大動脈弁狭窄症に対しては、全国に先駆けTAVI(経カテーテル的大動脈弁留置術)を導入している。

同センターの開院と同時に心臓血管外科教授として赴任した新浪博士氏は、虚血性心疾患のオフポンプバイパス術の第一人者であり、天皇陛下の執刀医として知られる順天堂大学医学部外科学教室・天野篤教授のパートナーとしても活躍。現在も年間300例を超える手術を執刀するトップクラスの心臓外科医である。

連載4回の第1回は、オフポンプによるバイパス術が日本で多く行われる理由、技術を磨いた海外留学、さらに外科医として必要な手術数などについて、新浪氏にお話を伺った。

患者に負担をかけないオフポンプ術
手術数を確保するために技術を磨いた

新浪先生のご専門である心臓血管外科について、疾患の特徴と治療法、そして人工心肺装置を使わない「オフポンプ」と呼ばれる冠動脈バイパス手術について教えてください。

新浪 一口に心臓外科といっても、虚血性心疾患、弁膜症、大動脈疾患、先天性心疾患、重症心不全など様々なフィールドがあり、埼玉医科大学国際医療センター心臓血管外科では子どもの先天性疾患以外(小児心臓外科は別部門であり、こちらでは子どもの先天性心疾患を専門に実施)は全て手がけています。加えて、当センターは2010年7月に日本で9施設しかない心臓移植実施施設の認定も受け、つい先日も私は心臓移植の手術をしてきたばかりです。

その中で、特に私が好きな手術の一つが、虚血性心疾患の冠動脈バイパス手術で、ご存知のように、“天皇陛下の執刀医”として知られる順天堂大学医学部外科学教室教授の天野篤先生が陛下に行ったものと同じ術式です。このオフポンプ冠動脈バイパス手術とは、詰まった血管の先に新しい橋を渡す際、人工心肺を使わず心臓を止めないまま行う方法です。冠動脈は2mm程度しかないため、心臓が動いたままの手術は高度な技術が求められますが、2000年に入る少し前、吻合する冠動脈周囲の組織の動きを止める装置が開発されて以来、急速に世界中に広がりました。

ところが欧米先進国では、冠動脈バイパス手術の中でオフポンプは全体の2割程度でしかないのに対し、日本では7割近く行われており、まさに日本のお家芸といえるものです。そして、それを牽引してきた代表格が天野先生であり、その次の世代の私たちです。