2007年にがん、心臓病、救命救急医療に特化し、より高度な専門医療を提供する病院として開院した埼玉医科大学国際医療センター。中でも、心臓病センターは6つの専門部門を擁し、治療実績や医療体制が充実していることから、数々の病院ランキングにおいて常に上位に位置付けられている。2010年には日本に9施設ある心臓移植実施施設に認定され、注目を浴びている。

その専門部門の一つである心臓血管外科では、患者の体に負担が少ない低侵襲治療を掲げ、冠動脈バイパス術では97%以上が人工心肺を使用しないオフポンプバイパス術を行なうほか、カテーテル治療と外科手術の組み合せ治療ができる最新のハイブリット手術室を完備。また、大動脈弁狭窄症に対しては、全国に先駆けTAVI(経カテーテル的大動脈弁留置術)を導入している。

同センターの開院と同時に心臓血管外科教授として赴任した新浪博士氏は、虚血性心疾患のオフポンプバイパス術の第一人者であり、天皇陛下の執刀医として知られる順天堂大学医学部外科学教室・天野篤教授のパートナーとしても活躍。現在も年間300例を超える手術を執刀するトップクラスの心臓外科医である。

連載4回の第3回は、人材育成や専門医の役割、さらに新専門医制度などについて、新浪氏にお話を伺った。

それぞれの役割を明確にし、
非専門医には逃げ道も用意

前回、タイやミャンマーへの手術支援についてお話を伺い、素晴らしい活動だと感じました。一方で、国内で高いレベルの人材を育てていくためにはどうすべきでしょうか。

新浪 新専門医制度に連動し、これに心臓外科が乗っていくしかないと思っています。つまり数のリミットです。2000人の心臓外科医をいきなり500人に減らそうとしても難しいですが、更新時に一定数の手術をしていない人を外していく。ただし、専門医の認定が受けられなくても、手術をすることは認めればいいのです。

そもそも専門医とは、何のためにあるものなのか。海外では専門医という資格がなければ、本来手術はできません。天皇陛下の心臓手術を執刀した天野先生も、臨床研修が終わったばかりの3年目の医師も、誰が手術をしても保険的には全く同じ。こんなおかしな話はありません。これを変えていくためには、最終的に保険医療と組まければ変革できないことも、足枷となっています。

また、インセンティブについていうと、例えば2枝以上の冠動脈バイパス手術を実施すると約9万点(90万円)の点数が付くので専門医であればそれくらい出し、非専門医なら医師免許を持っているからゼロにしないまでも、その1/3の点数にする。そうなると当然、病院としては専門医を雇いたくなりますが、非専門医にも保険点数を付けるなど、彼らにも逃げ道を用意すれば良いと思います。

海外では手術ができない以外に、専門医と非専門医では業務の内容は変わりますか。

新浪 カナダが良い例です。アメリカではPA(Physicians Assistant:医師助手)というシステムがあり、例えば冠動脈バイパス手術の際に足の静脈を採るのはこのPAが行いますが、カナダではこれを医師がやります。彼らはそこそこの給料をもらう代わりオンコールはない。緊急時に呼ばれないし、当直義務がない。つまりトップサージェンにはなれなかった人たちが脱落して助手的な業務に携わります。

しかし、日本であれば半数程度の医師はこうした業務に追われています。だからこそ、2000人のうちの500人は専門医として手術だけを行う医師とし、残りの1500人は手術もできて給料もきちんと確保する形にすれば、専門医と非専門医の業務にメリハリがつきます。