■トーク・セッション
座長:斎藤能彦氏 奈良県立医科大学第一内科学教室教授
パネリスト:野出孝一氏 佐賀大学医学部内科学講座主任教授
      筒井裕之氏 九州大学大学院医学研究院循環器内科学教授
      澤 芳樹氏 大阪大学大学院医学系研究科心臓血管外科教授

○質問3
父が心不全で入院しました(初回入院)。先生からはCRTの植え込みをすすめられていますが、今は本人は調子が良く、CRTの植え込みを悩んでおります。早めにCRTを植え込みした方がよいのでしょうか。

回答:筒井氏

CRTとは、心臓再同期療法というペースメーカーによる治療の1種です。心臓は正常な時には収縮、弛緩を繰り返しますが、こうした心臓のポンプ機能が低下すると、正常に働かなくなります。また、心臓全体が同じように悪くなるのではなく、ある部分が動いている時にある部分は拡張してしまう同期不全が起こることがあります。そうなると、心臓全体のタイミングが合わなくなり、効率的に動かなくなります。こうした状態を、ペースメーカーを使って同期、全体の動きを合わせるという治療がこのCRTの目的です。

CRTを受けるのは、心不全による症状があること、駆出率で表現される動きが悪いこと、そして何よりも心臓が同期していない人です。

CRTによって運動能力が上がり自覚症状が改善したり、入院を回避できるだけでなく、亡くなる危険性を減らせることが期待できます。比較的症状が軽い人でもこの治療は有効だといわれていますが、心不全による症状が続いていたり、薬の治療に上乗せをしてやることで、さらに効果が期待できます。

ただし、薬に代わる治療ではないので、ACE阻害薬やβ遮断薬、抗アルドステロン薬といった薬を飲んでいることを前提として、この治療をおすすめします。

回答:澤先生

立場が変わると見方は大きく変わってきます。我々のような外科が心不全患者を診ていくと、多くの人にCRTが入っていることを感じます。ところがそれがよく効いていない人たちが、結局私たちのところに来ます。

この人は適応で、こういった人には適応でないことが議論として進み、ほぼ全体が見えてきているので、専門医にしっかりと診てもらい、迷った時にはぜひセカンドオピニオンも受けて欲しいと思います。今は、患者自身が治療を選ぶ時代なので、その中で正しい治療を選択してください。

第3回終わり(連載3回)