なぜ糖尿病から心不全になるのか

根本的な質問ですが、なぜ糖尿病から心不全になるのでしょう。

桑原 糖尿病とは血糖が高くなる病気です。血糖が高くなると、様々な細胞の中に余分な糖が入ることになります。糖は栄養分ですから、過剰な糖があることが細胞が増えて動脈硬化につながったり、血管の異常な増殖が起こったりすることにつながります。

糖尿病の合併症には、毛細血管を中心に起こる細小血管障害と、比較的太い血管に起こる大血管障害があります。糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経障害は、いずれも細小血管障害です。糖尿病腎症により腎臓の機能が低下すると、二次的に心臓の働きが弱まることがわかっています。一方で大血管障害は、心筋梗塞や脳梗塞などの原因となる動脈硬化を引き起こします。周知のように、これらの症状はいずれも心不全につながります。

ただし、心筋梗塞で亡くなる人は減っていますね。

桑原 ステントやカテーテル治療の進歩により、心筋梗塞の救命率は飛躍的に高まりました。おかげで心筋梗塞になっても一命を取り留め、長生きできるようになったのです。その結果、何が起こったのかといえば、心不全になる人が増えました。つまり心筋梗塞では助かったものの、心臓に何らかの疾患を抱えていることに変わりはありません。これは心不全のステージBに相当します。そうした方々が、やがて心不全を発症するケースが増えているのです。

いまお話された心不全のステージで考えれば、糖尿病はどのステージに相当しますか。

桑原 糖尿病だけならステージAと考えてください。ここで大切なのはステージBにならないことです。つまり心臓の機能低下につなげないこと。しかし、そもそも論でいうならば、まず糖尿病にならないように心がけることが何より大切です。そして糖尿病になった人は、その時点で心不全のリスクも抱えたことを認識して欲しいと思います。

確かにまだステージAですが、だからといって安心していいわけではありません。糖尿病が進行した結果、心臓の拡張機能低下を起す場合があります。これは器質的な心疾患でありステージBです。その先の心不全症候を発症するステージCになってしまうと、もう後戻りはできません。

糖尿病になると心不全になるリスクが高まることが、よくわかりました。

桑原 最近、心不全の患者が増えている一因として、糖尿病患者の増加が間違いなく影響していると考えられます。糖尿病になったからといって、すぐに心不全を発症するわけではなく、発症するまでには何年かの時間がかかります。つまり日本において糖尿病患者が増えてきた結果、それが少しのタイムラグをおいて心不全患者の増加につながっているというのが、現状ではないでしょうか。糖尿病患者が未だに増え続けている現状を踏まえるなら、今後の心不全患者の増加が大いに懸念されます。

第1回終わり(第2回に続く)