心不全と診断されるまでの道のり短縮に
学会や国と連携した啓発活動を

御社の循環器領域の事業の中で、課題について教えてください。

芳賀 植込み型デバイスによる治療の普及のためには、様々な部分がボトルネックのような状態にあり、そのボトルネックを少しずつ広げていく必要があると考えています。第一に、心不全は一般の認知度が低いため、特に心房細動と心不全に対する啓発はもっと必要です。次にネックとなっているのは、予備知識を持たない患者さんがどのような病院に行くのかという、病院の選択です。

「なんだか体がだるい」「ちょっと胸がどきどきする」程度では、通常は近所の開業医に行くでしょう。しかし、その開業医が循環器内科の専門ではなく、複数の様々な診療科を掲げている場合、専門的な知識を持っているかというと、そうではないケースもあります。そこで薬を処方され、日常生活を送るうちに心不全はどんどん悪くなる。そもそも心不全という診断をしてもらったのかどうかもわからないという状況が発生し得ます。

こうした状況から、心不全という病気に対して的確な診断と治療をしてくれる病院、医師まで辿り着けず、そのままになっている患者さんが相当数いるのではないかと危惧しています。そこをどうやってすくい上げていくのか。私たちも少しでも心不全に対して啓発する活動を広げたいと思っていますが、対象が広すぎて一企業ではどうしようもない大きな問題です。

その改善策はありますか。

芳賀 まず学会や国とも連携して啓発を進め、次に地域のかかりつけ医から、専門知識や技術を持った病院にいかに紹介するかまで道筋を付けることができれば、患者さんも心不全を悪化させず、治療の選択肢も増えると思います。これにより、患者さんの予後が良くなり、入退院の回数や症状が軽減されると共に、医療経済的にも大きく貢献できるのではないかと考えています。

有用性や適応基準の周知不足から
普及が進まないCRT

CRTについてのお話が出ましたので、あらためてどのような治療法なのか教えてください。

芳賀 これまでの心不全の治療法は、薬物治療を中心として、重症心不全患者へは心臓移植などの外科的治療を行うという流れだと理解しています。これらの中間に位置する非薬物治療として期待されているのが、両室ペーシングというペースメーカを応用した新しい治療法、CRT(心臓再同期療法)です。これは、心臓の左右の心室に微弱な電気刺激を送り、心室全体を同期させて収縮を促すことで心機能を改善させるものです。

機器には、心室全体の同期を目的としたCRT-P(両室ペースメーカ)と、これに除細動機能を加えたCRT-D(両室ペーシング機能付き植込み型除細動器)の2種類があり、いずれも心臓のポンプ機能を調節し、血液の拍出を改善していきます。また、心拍が遅すぎる場合には正常に近づけるように促します。

金属製ケースでできた本体に電気回路と電池が内蔵され、CRT-P 、CRT-D 共に手のひらにすっぽり収まるサイズです。初期は角のある形状でしたが、現在では日本人の薄い皮膚にも負担が少なく、なめらかな形状に変化しました。

■資料1 「CRT-D」って、何ですか? パンフレット
■資料2 「両室ペースメーカって、何ですか?」パンフレット