2007年にがん、心臓病、救命救急医療に特化し、より高度な専門医療を提供する病院として開院した埼玉医科大学国際医療センター。中でも、心臓病センターは6つの専門部門を擁し、治療実績や医療体制が充実していることから、数々の病院ランキングにおいて常に上位に位置付けられている。2010年には日本に9施設ある心臓移植実施施設に認定され、注目を浴びている。

その専門部門の一つである心臓血管外科では、患者の体に負担が少ない低侵襲治療を掲げ、冠動脈バイパス術では97%以上が人工心肺を使用しないオフポンプバイパス術を行なうほか、カテーテル治療と外科手術の組み合せ治療ができる最新のハイブリット手術室を完備。また、大動脈弁狭窄症に対しては、全国に先駆けTAVI(経カテーテル的大動脈弁留置術)を導入している。

同センターの開院と同時に心臓血管外科教授として赴任した新浪博士氏は、虚血性心疾患のオフポンプバイパス術の第一人者であり、天皇陛下の執刀医として知られる順天堂大学医学部外科学教室・天野篤教授のパートナーとしても活躍。現在も年間300例を超える手術を執刀するトップクラスの心臓外科医である。

連載4回の第2回は、同センターの心臓血管外科の体制、手術における重要なポイント、アジアへの医療支援などについて、引き続き新浪氏にお話を伺った。

9割以上が外からの紹介患者
人間関係を構築し、若手の育成に繋げる

心臓血管外科では、年間どれくらいの手術を行っていますか。

新浪 2015年実績で520~530例、大動脈瘤に対するステント治療も入れると600例ほどで、その中で私が担当する9割以上は外からの紹介患者です。とはいえ、全てを私が担当しているのではなく、若い医師の技術を進歩させるためにも彼らに執刀してもらいます。ただし、基本的に院内から受けた患者は若手に任せるものの、外からの紹介患者については簡単には任せられません。例えばバイパス手術を任せて4本繋いだうちの一本が詰まってしまったとき、下の医師にやらせたというのでは釈明にならないからです。

当センターとコミュニケーションが取れている病院であれば、私に紹介が来ても簡単な手術は若手に任せると伝えることができるし、相手も納得してくれます。しかし、新規の紹介先であれば、どんなに易しい症例であっても私が執刀することにしています。なぜなら、それが当センターの評価となってかえってくるためです。当センターに任せたと言ってもらえる人間関係が構築できてくれば、徐々に若手に任せていく形でやっています。

新浪先生が執刀される300例は、全て紹介患者ですか。また、どのような疾患が多いのですか。

新浪 300例の中で国内の他病院と海外での手術が100例ほどで、そのうち5~6割は虚血疾患、そのほか弁膜症、大血管疾患が主な疾患です。心臓移植は数としてはまだ少ないですが、全て私が執刀し、当センターが心臓移植のライセンスを取得してからは3例、埼玉医科大学としては6例を数えます。

心臓血管外科の体制について教えてください。

新浪 15人いる医局員のうち後期研修中の5人を除く10人が常時いるメンバーで、私以外に自らの責任で執刀する外科医が3人、ステント担当が1人で、それぞれ100例を執刀し、彼らもさらに下のスタッフに任せていく形で進めています。数が多ければ多いほどスタッフの技術や経験も高まるので、手術数を増やすべく全スタッフで懸命に努力しています。こうした臨床に加えて大変なのは、うちは大学病院なので2週間に一度、4人程のグループで回ってくる医学生の指導と講義もあることです。

医学部は主に埼玉医科大学病院にあるため、講義のときは毛呂山にある大学病院まで行かなければなりません。しかも、私は現在医学部6年生数人の担任でもあり、彼らの話を聞いたり、ご飯に連れて行ったりと、これは当大学の魅力とも言えますが、本当に大変です(笑)。