超高齢社会を迎え、都市部を中心に高齢者向け住宅の整備が進んでいる。そうした中で、野村不動産ウェルネスは2017年10月、千葉県船橋市に第1号のサービス付き高齢者向け住宅「OUKAS船橋」を開設する。

一般的なサービス付き高齢者向け住宅は、介護サービスを提供する住宅という視点であるのに対し、同社は「街と、住まいが人を健康にする。」という新発想を掲げ、全世代が快適に過ごせる持続可能な街に、運動プログラムや地域と密接に絡み合うイベントなどを通じて、心と体の両方の健康を維持・増進していく暮らしづくりを目指すという。

この「OUKAS 船橋」は、敷地面積4632平米、鉄筋コンクリート6階建て、1R~2LDKの125戸を供給。共用部にはレストラン、ゲストダイニング、大浴場、フィットネススタジオ、コミニュティカフェ、ゲストルーム、カラオケ・シアタールーム、ライブラリーラウンジ、コンシェルジュデスク等を備える。また、施設内にはツクイがデイサービスと訪問介護事業所の開設を予定している。

連載4回の最後は、野村不動産ウェルネス 専務取締役の松本裕樹氏に、自立型高齢者住宅と介護の関係、また同社と創生会グループ、JAPANライフデザインとの提携の目的や戦略、さらに看取りについてもお話を伺った。

介護事業のプロと併走しながら
自立と介護に複合的に取り組んでいく

御社は、介護系施設を運営されている創生会グループと業務提携、同グループの子会社であるJAPANライフデザインと資本提携をされました。この提携の目指すところなどについて教えてください。

松本 高齢者住宅に踏み込む私たちにとって、現段階での最大の弱みは介護のノウハウがないことです。ただ、その弱みのために運営の全てを手放して介護事業者に任せてしまうと、単なる介護住宅を作ることとなり、これからの日本に必要な、介護にならないよう健康を川上で支える自立型高齢者住宅を作るという目的を達成できません。

また、もう一方で、当社が介護分野を受け持つという選択肢もあります。将来的には、その選択肢を否定するものではありませんが、介護分野にも介護制度発足から20年の歴史があり、実際にはそれ以上に取り組んできている事業者もいます。つまり、弊社は街づくり、住宅づくり、不動産運営のプロフェッショナル集団であるのと同様に、介護は介護のプロがいる。それであれば、それぞれのプロが強みを発揮し合うことで、お客様へさらに上の商品・サービスを提供できるはずだ。それが、今回の提携の目指すものであり、今の市場にはない考え方だと思っています。

もちろん、何でも自前で行う美しさもあります。しかし、一度介護報酬を受けることを、自らの事業に組み込んでしまえば、収益性で見劣りする健康・自立型ビジネスに対する意欲が失われ、その結果、今の日本に必要と考える事業の拡大が見込めなくなる。これを回避するため、私たちの伸ばしたい健康・自立型モデルの拡大と並走してくれる介護事業のプロを探しました。

検討を進める中で、自分たちが何を望んでいるかの整理もされていきましたが、この模索は2年間続きました。最も大事にしたのは、プラウドを代表とする当社グループと取引いただいているお客様との親和性、つまり事業エリアと商品・サービスの質です。

次に大事なのは、人材獲得力です。創生会グループは、社会福祉法人と株式会社を合わせて14の法人からなる企業集団であり、人材獲得には定評があります。また、株式会社には、多数の介護系施設の運営実績と人材教育にも定評がある創生事業団があり、さらに子会社には介護付き有料老人ホーム3施設を運営するJAPANライフデザイン(以下、JLD)があることがわかりました。このJLDは、もともとJAL系列のJALUXと合弁出資設立した会社だけに住居や空間に配慮がなされ、優れたサービスやホスピタリティを提供していることが確認でき、今回の業務資本提携に至ったのです。