先行きに対する深刻な懸念から
心不全の定義は変更された

2017年10月31日、心不全の新しい定義が日本循環器学会と日本心不全学会から発表されました。まず、この背景についてお聞かせください。

筒井 日本の循環器疾患における死亡者数で心不全はがんに次いで第2位、心臓病の中では死因第1位です。心不全は、発症すれば完治を望めない病気であり、5年生存率は50%、つまり患者の約半数が5年以内に亡くなっています。さらに入院患者の5人に1人が、退院後1年以内に亡くなっているとのデータもあるほど恐ろしい病気です。ところが、こうした心不全の恐ろしさが、現状では一般にあまり理解されていません。そこで心不全のリスクをしっかり認識してもらうために「心不全とは、心臓が悪いために、息切れやむくみが起こり、だんだん悪くなり、生命を縮める病気です」とあえて強い表現を採用しました。

以前なら循環器科における重篤な疾患といえば、まず急性心筋梗塞でした。ところがこの病気は現在、冠動脈インターベンションなど適切な治療を受ければ、基本的に数日で退院できるようになっています。この5年ほどの推移を見ても、急性心筋梗塞による入院患者数はほとんど増えていません。ところが同じ期間に確実に増えているのが、心不全による入院患者です。

日本循環器学会が重要三疾病の1つとして心不全を取り上げている理由も、患者数が増えているためですね。

筒井 何より問題なのは、今後の心不全患者の増加がほぼ確実視されていることです。心不全患者が増えてきた背景としては、次の3つの要因が挙げられます。第一は高齢化です。第二が、食生活の欧米化、車社会による運動不足などが加わった結果としてのメタボリックシンドローム、糖尿病など、生活習慣病の増加。この生活習慣病の患者が、心不全の予備軍となります。第三に、急性心筋梗塞に対する急性期治療の成績向上があります。つまり急性心筋梗塞の治療を受けて助かった患者が、心不全へと移行していく。こうした要因が積み重なった結果、トータルで心不全の患者が増えています。

心不全は、一旦発病すると悪化と回復を繰り返しながら、徐々に、しかも確実に悪化していく病気です。この間に急性増悪を起こすと救急治療が必要で、さらに入院しなければなりません。急性増悪で入院した場合は、まず症状を安定させて、その後に薬物・非薬物治療を適正にしたり、リハビリ生活指導などを行うので、入院日数が20日ぐらい必要となるのが一般的です。

1人の患者が複数回の入院を繰り返すパターンが多いのも、心不全に特有の問題です。少し症状が改善すると良くなったと安心してしまい、服薬を勝手にやめて再度悪化したり、風邪など他の誘因によって心不全が悪化するパターンです。こうして同じ患者が2回、3回と入院を繰り返すために、延べの患者数が増えているのです。