※ 上の写真はHello Tomorrow Japan Summitのピッチの様子。建物の補強材を開発するAsterが優勝した。


 最先端の科学技術に基づく破壊的ソリューション「Deep Tech」の事業化を推進するグローバル組織Hello Tomorrowは、初の日本版サミット「Hello Tomorrow Japan Summit」を2018年12月13日に開催した。今回のイベントの目玉は、2019年3月にパリで開催されるグローバルコンテスト「Hello Tomorrow Global Challenge」への出場権を競うピッチ(短時間の売り込み)大会である。


 今回のピッチ大会には、科学技術に基づいたプロダクトを開発する10チームが登壇した。Hello Tomorrowが対象とするテーマはバイオ、医療、環境など幅広いが、今回はデジタル技術を活用しているものを中心に紹介しよう。

声で感情解析、自殺志願者を「聞き分ける」――Empath

Empath CSO(最高戦略責任者)の山崎はずむ氏

 Empathは、人の声をAI(人工知能)で分析することで感情を推定するサービスを提供する。数万人の音声特徴量を抽出したデータベースを保有しており、それをもとに喜怒哀楽や気持ちの浮き沈みをリアルタイムで判別する。同社は、外部の企業がサービスに組み込めるよう、解析エンジンのAPIを公開している。


 同サービスは言語に依存していないため、多くのグローバルコンテストで受賞歴があるほか、海外組織からの引き合いも多い。例えば、ドバイが推進する「幸福都市プロジェクト」の推進に向けて政府のシステムに同社のAIを導入、幸福度の向上を目指すために活用されているという。


 同社のソリューションは既にコールセンターなど企業向けにも活用されているが、今回は自殺志願者を判別することによる社会貢献性をアピールした。

人体をアンテナにして個人を認証――eNFC

eNFC代表取締役の和城賢典氏

 eNFCが提供するのは、既存のNFC(近接通信)を活用した人体通信技術である。スマートウォッチなどが備えるNFC対応のICカード機能は、カード内のコイルの近傍磁界を活用する。eNFCではこの磁界の変化を専用のアタッチメントで電界信号に変換し、指をアンテナとして対象物と通信する。これにより、手で触れるだけで個人の認証や支払いを実現しようというものだ。


 現在のスマートウォッチでも「かざす」操作で改札を通過したり、店頭で決済したりできるが、リーダーの読み取りのために手首をひねったりするなど動作は不自然になりがちだ。eNFCは、より直感的な操作で処理できることをアピールした。今回のピッチでは、医療現場や建設現場などにも応用できるとした。

ここから先は、DIGITALIST会員(登録無料)のみが閲覧することができます。

次ページ

人体の”共有”を目指すスタートアップも

会員の方は、ログインしてください。
会員でない方は、会員登録(無料)をお願いします。