※ 上の写真はHello Tomorrow Japan Summitで基調講演に立った孫泰蔵氏

 イベントに参加する楽しみの一つは、自分とは異なる経験や視点を持つ人の考えを直接聞けることだ。新しい知識を得るだけでなく、視野を広げることで、新しい発想を生み出すための糧となる。異なる国や地域出身の人が集まるグローバルイベントであればなおさらである。2018年12月13日に開催されたイベント「Hello Tomorrow Japan Summit」には、社会に大きなインパクトをもたらす科学技術「Deep Tech」に関連する領域で活動する人たちが国内外から集まり、それぞれが大きなインパクトと考えていることや自ら支援している活動を披露した。

孫泰蔵氏が登壇、「ゲームチェンジャー」を紹介

 午前中の基調講演に登壇した1人は、Yahoo! JAPANの立ち上げに参画し、インディゴやガンホー・オンライン・エンターテインメントを創業するなど、シリアルアントレプレナー(連続起業家)として知られる孫泰蔵氏だった。


 「成功の2倍以上の失敗を経験した」と語る同氏は、現在Mistletoeの代表として起業家を支援する側に回り、デザイナーやプランナー、行政経験者など多彩な顔ぶれを集めて活動している。その範囲は日本にとどまらず、米国や東南アジアなどにも及ぶ。


 Hello Tomorrow Japan Summitの基調講演では、Mistletoeが投資する97社のうち2社の活動をDeep Techの代表例として紹介した。


 1社は無人飛行機を開発する米Zipline。同社が開発するのは、一般に認知されているドローンよりも速く飛行できることから、UAV(Unmanned Aerial Vehicle)と呼ばれる飛行機で、緊急医療用の物流手段として使われる。

Ziplineが開発するUAV(Unmanned Aerial Vehicle)

 Ziplineの無人飛行機には、AIの主要技術である深層学習が採用されている。飛行から得られるデータを収集・学習し、最適なルートを算出するのに使われているという。データが集まれば集まるほど飛行機は賢くなり、飛行ルートの精度が増す仕組みだ。


 Ziplineは既にアフリカのルワンダで緊急輸送システムを運営している。孫氏によると、ルワンダでは戦争で主要なインフラが破壊され、血液や薬を陸路で運ぶのが困難だった。Ziplineの無人飛行機を使うことで、陸路で4時間かかっていた輸送が15分で済ませられるようになった。「事故や病気があったとき、以前なら誰もが生きることを諦めていたが、それが劇的に変化した」(孫氏)。


ここから先は、DIGITALIST会員(登録無料)のみが閲覧することができます。

次ページ

超高齢化社会に向け「常識をひっくり返す」

会員の方は、ログインしてください。
会員でない方は、会員登録(無料)をお願いします。