ダース・ベイダーに切り落とされたルーク・スカイウォーカーの右腕が、精巧なサイボーグ義手となって蘇る――。スター・ウォーズ エピソード5でお馴染みのシーンである。あれから約40年たった2018年、“ロボット義手”は飛躍的な進化を遂げ、スター・ウォーズの世界観に一歩近づいた。


 正確には「筋電義手(バイオニックハンド)」と呼ばれるものだ。義手を腕につなぐと、筋肉を動かす生体信号をセンサーが読み取って義手に動きを伝える。脳と連動して自然な動きを再現できれば、事故などによって腕や手首を失った患者が以前の日常に近い生活を送れる可能性も出てくる。センサー、ロボット、マイクロチップ、AI(人工知能)といったテクノロジーが発達したおかげで、欧米を中心に近年では筋電義手の開発が進んでいる。


 英国のオープン・バイオニクスは、色をカスタマイズできる「Hero Arm」を販売。3Dプリント製作にすることで119ポンド(約1万7000円)から安価に購入できるようにしたこともあって、筋電義手の世界に衝撃を与えた。米国ではクリーブランド・クリニックやジョージア工科大学で盛んに研究が続けられている。ジョージア工科大学の被験者であるジェイソン・バーンズ氏は、筋電義手によるピアノやドラム演奏を披露して大きな話題を呼んだ。


Hero Armの紹介動画
ジェイソン・バーンズ氏による筋電義手のピアノ演奏

 日本では、電気通信大学、横浜国立大学らの研究チームが筋電義手システムを開発。2018年4月、厚生労働省の「義肢補装具等完成用部品」に指定された。機械学習を応用した学習機能を有するため、従来に比べて長期の訓練を必要としない点が特徴だ。こちらも3Dプリンタを活用することで軽量化を図り、価格を従来品の3分の1程度に抑えている。


 日本のベンチャー「メルティンMMI」は、独自の生体信号処理技術とロボット機構制御技術を融合したアバターロボット「MELTANT-α(メルタント・アルファ)」を2018年3月に発表した。同社が開発を重ねてきた筋電義手のノウハウを応用したもので、とりわけ手の動きに注力。卵を割らずにつかんだり、ペットボトルのキャップを開けたりする繊細な動きをものにし、“力強さと器用さを兼ね備えたロボットハンド”をうたう。今後はハンド単体、ハンドアーム、全身の3プロダクトを展開する予定で、大日本住友製薬や第一生命などから20億円にも及ぶシリーズBの資金調達を完了。実用化に向けて走り出している。


ここから先は、DIGITALIST会員(登録無料)のみが閲覧することができます。

次ページ

難なくペットボトルを握り、優しく握り返してくれるハイパー義手

会員の方は、ログインしてください。
会員でない方は、会員登録(無料)をお願いします。