デジタル技術の浸透に伴い、「仕事」を取り巻く環境、価値観はハイスピードで変化を続けている。組織のあり方や、そこでのコミュニケーションの手段についても、抜本的な見直しを迫られている企業は多いだろう。そんな中、新しいビジネスコミュニケーョンツールとして存在感を発揮しているのが「Slack」である。Slackを活用すると、ビジネスシーンにどのような可能性が生まれるのか。「Meets DIGITALIST 〜組織コミュニケーションの未来〜」において、Slack Japanカントリー・マネジャーの佐々木聖治氏が基調講演を行なった。

ビジネスパーソンから学生まで、全国で使われているSlack

(以下、佐々木氏の講演)


 Slackは、「ビジネスコラボレーションハブ」というコンセプトを掲げ、日本で活動し始めて1年ちょっと経ちます。おかげさまで大変好評いただいており、「とても好きだから使っている」という声を毎日のように頂戴しています。


 最近ではビジネスパーソンだけでなく、全国の若い方、学生さんたちも盛んにSlackを使ってくださっているようです。昨年の秋、JPHACKS2018という学生向けハッカソンが開催されたことをご存知でしょうか。全国七ヶ所で開催される大きなイベントですが、ここでのSlackの認知度が非常に高かったんです。教授を巻き込んで授業で使っていたり、サークルで使っていたり、といった話も聞きました。ちなみに東京大学のアメフト部では、クォーターバックなどポジションごとにチャンネル(チャット上の会議室)を作り、作戦を話し合ったり動画をアップしたりと活用しているそうです。面白いですね。


 ついでにもう一つ、最近の嬉しかった事例を紹介しますと、先日第160回芥川賞を受賞した『ニムロッド』という小説にもSlackが登場するシーンがあります。こんな形で宣伝いただけるとは思わず、とても晴れがましい気持ちになりました。


ここから先は、DIGITALIST会員(登録無料)のみが閲覧することができます。

次ページ

Slackのはじまりはゲーム開発用のメッセージ機能

会員の方は、ログインしてください。
会員でない方は、会員登録(無料)をお願いします。