※ 富裕層を中心に昔のクルマが流行中。写真は1958年の300SLロードスター(以下、写真提供:Daimler AG)

 「A40 198 811 00 25」「A198 580 00 65」……。これらは大事な数字だ。少なくとも古いメルセデス・ベンツ車を所有している人たちにとっては。


 前者の数字は室内ミラーのベース、後者はエンジンのスパークプラグのホルダーのパーツ番号である。昔のクルマがけっこう流行っているが、こういうパーツは入手が困難だ。それを今、メルセデス・ベンツでは3Dプリンターで作って供給しようとしてくれている。


 室内ミラーのベースとスパークプラグ・ホルダーは、1954年に発売されていまや世界的にコレクター垂涎の的となっているW198ことメルセデス・ベンツ300SLのものだという。

サンルーフ用のローラーも当時の純正パーツは稀少だ

 サンルーフのローラーもある。フィンテールを持っていたW110(61年)とSクラスのW111(59年)とW112(61年)、さらにいままた日本でも若い人を中心に人気再(々々)燃のW123(76年)のための部品だそうだ。

テールフィンを持っていた220SE(W111)
写真だとわかりにくいがこの300SE(W112)はボディ同色の金属製のサンルーフを備えている
W123とコードネームを持つコンパクト・メルセデス

 おもしろいのは「改良が加えられている」(メルセデス・ベンツ)ことだ。室内ミラーのためのパーツはアルミニウムの削り出しで作られつつ、オリジナルより長くなっている。


ここから先は、DIGITALIST会員(登録無料)のみが閲覧することができます。