私は、今の45歳以上の経営陣や管理職、特に男性たちこそ、この「人間力」が重要であることを知ってほしいし、自分の人間力を磨くことに目を向け、磨く努力をしてほしいと思っています。ある会社の人事部長が、経営陣や管理職を対象にした「モチベーション・リーダーシップ研修」終了後に言いました。

 「若いリーダーにはぜひ、人間力リーダーになってほしい。でも50歳を過ぎたら、もう自分を変えるなんて無理ですよ。私だって無理なんだから……」

 「あなたが人間力を磨いて人間力リーダーに変わったら、他の50代も変われますよ」。私の言葉は、懇親会のざわめきの中で、残念ながら本人には聞こえなかったようです。この会社の未来も暗いかもしれません。

 皆さんの会社の経営陣、部長職以上の管理職の人間力は大丈夫でしょうか?

植田 寿乃(うえだ・ひさの) キャリアコンサルタント/ダイバーシティコンサルタント
植田 寿乃

 IT業界の人材育成を目的に有限会社キューを設立。その後、人材開発業界に転身。「モチベーション・リーダーシップ」「経営陣、管理職の人間力アップ」「女性と組織の活性化」「メンター育成」に取り組み、各種オリジナルカリキュラムを開発し、研修・講演を実施。著書に『「女性を活かす」会社の法則』『キャリアセレブになる36の秘訣』『30歳からの幸せなキャリアの見つけ方』など。

※筆者の会社名および役職は執筆当時のものです。