プレゼンは聞き手を「TALL」にするもの

 そもそも、プレゼンが果たす役割とはなんでしょうか。

 インターネットやモバイル技術など、コミュニケーション手段が多様に手に入る今日、情報伝達は容易にできます。なぜ、生身の人間が特定の時間に特定の場所にわざわざ行って、話を聞く必要があるのでしょうか。

 筆者は日本人として唯一(2019年2月現在)、ワールドクラススピーキングにおいてスピーチコーチの認定を受けています。私の師匠、クレッグ・バレンタインは、「プレゼンは、聞き手をTALLにするものだ」と言います。

 TALLとは、Think、Act、Learn、Laughの略、つまり、スピーチやプレゼンは、聞き手が何かを考え、行動し、学び、そして笑うためにある、という意味です。

 一言でいうならば、「情報のエンターテインメント」です。自分が持っている価値ある情報を提供することで、相手の頭と心を動かすには、考えさせ、行動に導き、学びを引き出すと同時に、聞いていて楽しませるのが最大の目標です。

 そうはいっても、プレゼンは仕事なのだから、そんな楽しいものではない、とおっしゃる方もいるかもしれませんね。

 社員のプレゼン教育にも非常に熱心なアメリカのGE社では、社員にこうした考え方を浸透させています。

 「Emotional first, rational second」(感情が先にきて、理性は2番目にくる)

 人間とは、感情が先にあって、次に理性で判断する生き物なのです。ビジネスではつい、論理や事実などを前面に押し出し、理性に偏った訴求をしがちです。しかし頭と心の両方が動かなければ、聞き手はあなたのプレゼンを聞いても、どこか完全に納得できていない感覚に陥ることでしょう。情報提供だけでは不十分なのです。

 プレゼンとは、聞き手の頭も心も動く「情報のエンターテインメント」を「プレゼント」することなのです。

ストーリーの基本

 エンターテインメント、といっても、何も歌ってみせたり踊ってみせたりするわけではありません。コメディアンになる必要もありません。

 聞き手の心を揺り動かし、ひきつけ、彼らとつながること。それこそが、「エンターテインメント」です。歌手は歌でエンターテインメントを、役者や芝居でエンターテインメントを、コメディアンはお笑いでエンターテインメントを提供しますが、我々スピーカー(またはプレゼンター)は、「情報」でエンターテインメントするのです。

 では情報をどのようにエンターテインメントに仕立てあげるのか? その最大のコツを一つだけ挙げるなら、それは「ストーリー作り」です。

 ストーリー、と聞くと、「昔々あるところに……」というイメージを思い出すかもしれません。

 ここでは、ビジネスプレゼンにおける「ストーリー」を、あえて「コーポレートストーリー」と定義してみましょう。ビジネスの場では、「事例紹介」や「ケーススタディー」は頻繁に登場しますが、「ストーリー」、ましてや「コーポレートストーリー」が語られることは、まだまだ少ないのではないでしょうか。

 ストーリーもコーポレートストーリーも、基本は同じなのですが、コーポレートストーリーには、ストーリーでは深掘りされていない要素が3つあります。

 その3つの要素についてお話しする前に、ストーリーの基本について説明しましょう。

 いずれの場合も、3幕構成です。

 まず、第1幕で、主な登場人物が出てきて、ストーリーの状況設定が行われます。

 次の第2幕では、その状況になんらかの危機が訪れます。登場人物には、様々な困難が降りかかるものの、果敢に立ち向かい、危機的状況に変化をもたらします。

 最後の第3幕では、その変化の結果によって獲得できた新たな状況が描写されます。