つい先日の3月3日、米大統領選の民主党候補者選びの山場となる「スーパーチューズデー」の投票が米国14州で行われました。その結果、事実上、ジョー・バイデン前副大統領とバーニー・サンダース上院議員の一騎打ちとなっています。サンダース氏は革命を、バイデン氏は冷静さと安定を取り戻すと約束しています。対極的な主張を掲げる両者ですが、今回のコラムでは二人のビクトリースピーチからスピーチスタイルの違いをひもといていきます。

コントラストの使い方で聞き手を引き込むバイデン氏

 スーパーチューズデーで大きな勝利を果たし躍進しているバイデン氏。印象に残るスピーチは、サウスカロライナ州予備選での圧勝を受けた2月29日のビクトリースピーチです。12分程度のこのスピーチには、聞き手視点でのメッセージ、信頼と保証、パーソナルストーリー、コール・ツー・アクション(行動喚起)まで、様々な構成要素を交互に組み込んでいます。コントラストをつけた、心を揺り動かす秀逸なスピーチに仕上がっています。

 冒頭では聞き手視点で「You」を連呼します。

「This is your campaign」(これは、あなたたちのキャンペーンです)
「We won because of you」(あなたたちのおかげで勝った)「We need you, we want you, there is a place for you in this campaign」(私たちには、あなたたちが必要です。あなたの支援が欲しいのです。このキャンペーンにはあなた方の場所があります)

 「You」という言葉を使って「聞き手のあなた個人」に対して繰り返し語り掛けているのです。これによって、会場に集まった大勢の支援者たちが、自分自身に向けられたメッセージだと受け取ることができるのです。支援者のそれぞれが、この勝利を「自分事」として捉えることに貢献しています。さらに、会場外のすべての民主党支持者に対して次のようにメッセージを広げます。

 オバマケアを築き上げ、製造業者やミドルクラスを守る候補者を選ぶべきで、自分が民主党代表の候補者となったら必ずトランプ大統領を打ち負かせる――。

 いくつもの例を挙げながら、合間に「Join us」を連呼することで、全米の民主党支持者たちの一体感を一気に盛り上げます。また、「People don’t want revolutions. They want results」(人々は革命を望んでいません。彼らは結果を望んでいるのです)と、サンダース上院議員が売りにしている革新的アプローチを暗に批判したうえで、次のようなメッセージで自分への信頼と支持者への保証を強化することにも余念がありません。

 「It's time for America to get back up. The country is so ready」(米国が立ち直る時です。国は既に準備ができています)

 一体感が最大限に高まったところで、今度はパーソナルな感情に訴えかけるストーリーに切り替えて、大きな感情コントラストをつけています。

 父からの教え、信念。
 サウスカロライナ州で出会った、息子を亡くした人のストーリー。
 2015年にがんで亡くした息子のパーソナルストーリー。

 声のトーンを落として涙を浮かべながら、バイデン氏自身にとってはもちろんのこと、聞き手にとっても自分の心の深いところに訴えかけるエモーショナルなストーリーが続き、聞き手の心が開かれます。