新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)によって刻一刻と状況が変化するなか、各国・各都市・各業界のリーダーたちが大胆かつ的確な判断を下さなければならない厳しい局面に立たされています。今回は、そんなリーダーたちが行った、お手本となる危機対応スピーチをいくつか取り上げて解説します。

「エトス」「パトス」「ロゴス」の3つを盛り込む
――ニューヨークのアンドリュー・クオモ州知事

 筆者がニューヨーク在住ということもありますが、米国中で人気が急上昇しているクオモ ニューヨーク州知事を最初に取り上げましょう。

 クオモ州知事は、米国で感染の震源地ともなっているニューヨークから、毎日定例記者会見を行っています。その会見は、ニューヨークやその近郊の住民たちだけでなく、全米から注目されており、支持率の急上昇から大統領候補としても急浮上しています。民主党候補としての座を脅かされるかもしれないジョー・バイデン前副大統領でさえ、クオモ州知事の定例記者会見を「リーダーシップの授業だ」とたたえているほどです。

 クオモ州知事の連日の会見を見ていると、人気急上昇の背景には「エトス」「パトス」「ロゴス」の3つが見事にそろったコミュニケーションにあるといえます。

・何事にも動じない冷静さと一貫性(エトス)
・真摯(しんし)にニューヨーク州民と向き合う、人間味あふれるメッセージ(パトス)
・データに基づいた的確な判断、論理性と透明性(ロゴス)

 「自分の職務を非常に重く受け止めている。言い訳はしない。失敗があれば、私の失敗だ。事態が崩壊したりうまくいかなかったりすれば、私の責任だ。毎日、死者数を見ながら責任を痛感している」

 このような歴史的非常事態の時にも「冷静沈着に責任を丸ごととる」と断言するリーダーほど、信頼と倫理性の高さ(エトス)を感じることはないでしょう。

 「弟、クリス・クオモ(CNNアンカー)が、新型コロナウイルス検査で陽性となった」

 こう語った時も表情一つ変えず、取り乱すことはありませんでした。

 一方で、冷静沈着ななかでもクオモ州知事の人間味は随所にあふれており、それが米国民からの信頼と共感をさらに高めている要因になっています。

 「我々はタフだ。ニューヨークもタフだ。この街は良い意味で私たちをタフにしてくれる。我々は、これを乗り切る。なぜなら、私はニューヨークを愛していて、ニューヨークはあなたたちすべてを愛しているからだ。黒人も白人も褐色人種もアジア人も、背の低い人も高い人もゲイもストレートも、ニューヨークはみんなを愛している。だから、私はニューヨークを愛しているのだ。長い一日でも、最後には愛が勝つ。必ず。だからウイルスにも必ず勝つ」

 こう語ったクオモ州知事の言葉に、米国全土が感動し、涙を流しました。この上なく誠実で情熱的なパトスです。

 さらに、ロゴスにも優れているのは言うまでもありません。クオモ州知事は、医師や米連邦捜査局(FBI)、米疾病対策センター(CDC)などの専門家と毎日話したうえで、感染者数や検査数、入院患者数、集中治療室にいる人数まで詳細なデータを開示し、的確な情報に基づいて、感染拡大の推定をしていると語ります。深刻な状況も率直に説得力を持って説明できるだけの基盤がきちんとあることが分かります。

 「エトス」「パトス」「ロゴス」が、ここまでしっかりそろっていると、やはり説得力のある頼れるリーダーとしての印象が強くなります。