長引くパンデミックの影響で、ミーティングやセミナー、イベント、研修などがリアルの場からバーチャルの場に急速に移行しています。

 私が住む米国でも、人が集まるイベントはもちろんのこと、子供の学校の授業もバーチャルに移行して、はや2カ月がたっています。私は米国でプロフェッショナルスピーカーとして活動していますが、プロスピーカー仲間たちの中には自宅の一部を「ホームスタジオ」にしてしまった人もいるほどです。そんなハイテクプロスピーカーや、テクノロジー系の企業でセミナー登壇の機会が多い方のバーチャル登壇の舞台裏を見ると、プロのような機材がそろっています。

 こうした光景を見ると、バーチャル登壇は敷居が高いように感じてしまうかもしれませんが、そんなことはありません。私はノートPCとマイク、ライトのみという最小限の機材で、バーチャルイベントに登壇しています。バーチャル登壇には、機材やテクノロジーよりも留意しておきたいコツがたくさんあります。

 そこで、今回は誰にでも実践できる「バーチャル登壇を成功させる秘訣(ひけつ)」をお話ししたいと思います。

情報をエンタメ化せよ!

 まず、皆さんが聞き手としてバーチャルミーティングに参加している場面を思い出してください。ずっと座って画面を見て集中しているでしょうか。きっと、手元にスマホを置いてSNSを見たり、メールをチェックしたりと何らかの作業を同時進行させながら参加していませんか。自宅からのテレワークなら家族に呼ばれて、ちょっと席を外したりするかもしれません。

 バーチャルの場だと、自分のカメラをオフにすることができるため、話し手やイベント主催者はもちろん、ほかの参加者たちからも自分の姿を見られない状態にすることができます。「見られていない」と思うと、ついつい他のことをしてしまいたくなるのがヒューマンネイチャー。自分がプレゼンを聞いている側であれば、これはマルチタスキングができる格好の機会です。

 ところがプレゼンする側に立った際はどうでしょう。いつものようにミーティングルームにみんなが集まっている時よりも、話を聞いてくれていないという環境になるわけです。そんな中で、伝えたいメッセージをしっかり伝えるにはどうしたらよいのか?

 私の著書『20字に削ぎ落とせ~ワンビッグメッセージで相手を動かす』(朝日新聞出版)でもお伝えしているように、メッセージは「ワンビッグメッセージ」つまり、たった一つの大切なメッセージに絞り込み、余計な情報は削ぎ落とすことが大切なのですが、バーチャルプレゼンの場合は、さらに情報の削ぎ落としが必要になります。

 集中力が持続しにくい聞き手にメッセージが刺さるためには、徹底的に「削ぎ落とされた」メッセージを「覚えやすいフレーズ」で「繰り返し」伝えていくことが必要です。最初の2、3回は注意散漫で聴いていなかったとしても、プレゼンの最後にはメッセージが耳に入っていくことでしょう。

 普段からブレイクスルーメソッドでは「スピーチ・プレゼンは情報のエンターテインメント」だとお伝えしているのですが、バーチャルの場合はさらにこのエンタメ性が大切になってきます。といっても、何も歌ったり踊ったりするわけではありません。聞き手の集中力を切らさないような仕掛けを作ろうということです。