世界中から約3万人が参加する国際スピーチコンテスト

 私は2013年から毎年、国際スピーチコンテストに出場しています。これは、トーストマスターズという、スピーチの向上を目指して互いに学び合う、アメリカ発の国際教育団体が主催しているもので、現在世界143カ国に1万6,600支部、35万7,000人のメンバーを有しています。このコンテストには、世界中から約3万人が参加し、約半年間で何ラウンドもの予選が行われ、各予選を勝ち抜いた優勝者のみが次のラウンドに進める、という仕組みになっています。

 私は2013年から6回連続出場し、今年を含めた計4回、地区優勝を経てニューヨーク州の決勝進出を果たしました。今年の決勝は5月18日に行われ、私を含めた各地区の優勝者のベスト8が競い合いました。 そして今回はニューヨーク州での準優勝という、自己最高記録を出すことができました。これは、ニューヨーク州のトーストマスターズ会員全7,000人の中の2位、そして世界トップ100に入ったということです。

 今回は、優勝、準優勝(私)、3位入賞したトップ3人のスピーチから、相手の心をつかみ、動かすスピーチの神髄をひもといていきたいと思います。

ワンビッグメッセージ

 どんなスピーチでも、プレゼンでも、この一点だけは聞き手に伝えたいというメッセージがあるものです。その「たった一つの大事なメッセージ」を私が提唱しているブレイクスルーメソッドでは、ワンビッグメッセージ(One Big Massage)と呼んでいます。相手に伝わるだけでなく相手を動かすことのできるスピーチを作るために何よりも大切なのは、スピーチの最初から最後まで全体を通して、このワンビッグメッセージが一貫して明確に伝わってくる、ということなのです。

 たった一つのワンビッグメッセージに絞りこむことで、誤解されることなく、相手に伝わりやすくなるスピーチやプレゼンになるのです。

 ニューヨーク州のスピーチ決勝大会では8人の地区優勝者が出場したわけですが、それぞれのスピーチのワンビッグメッセージを一言で言うとしたら?と考えると、明確に「これがワンビッグメッセージだった」と思い返せるのは、トップ3名のスピーチです。

 優勝者のメッセージは、「自信を失った時は無理やりでも挑戦してみよう!」

 準優勝者(=私)のメッセージは、「魔法の一言で自分の光を解き放て!」

 3位入賞者のメッセージは、「選択に、間違いや正しい、はない。自分の心の赴くままに」

 こういった、誰もが明確に思い出せるワンビッグメッセージが、ストーリーに乗せて伝えられた時、そのスピーチはとてもパワフルなものになるのです。

ワンビッグメッセージの明確化―事例 改善前

 ブレイクスルーでは、スピーチ・プレゼンの企業研修や個人コーチングを行っています。あるIT会社のプレゼンテーション研修の例をお話ししましょう。

 その部署ではリバース・イノベーション(新興国発の技術革新やアイデアを先進国に導入し世界に普及させる)を打ち出すため、経営層に向けた戦略プレゼンを練っていました。以下が元のプレゼン例です。

 新興国で生まれた技術革新や、新興国市場向けに開発した製品などを先進国に逆輸入するという、リバース・イノベーションに着目しました。

 P&GやGE、ネスレ、マイクロソフト、など多くのグローバル企業がリバース・イノベーションに取り組んでいて、市場拡大への貢献はもちろんのこと、社員の知識、経験を集約化、企業文化を活性化させ、会社全体の志気アップにもつながっています。利益率も高まるというデータも見られています。

 リバース・イノベーションを取り入れることで、我々の製造プロセスも、試作の早い段階で、Go/Noの判断をつけやすくなるため、事業効率も高まります。

 これは日本ではよくあるプレゼンのパターンで、導入があり、説明があり、そして結論があるという型に沿っていて、構成としては分かりやすくすっきりしています。

 しかしこのプレゼンを聴いた時に、「何を言いたいのか」がすぐに伝わってくるでしょうか。市場拡大? 事業効率の高まり? 企業文化の活性化? 志気アップ? それとも利益率アップでしょうか? つまりこの元プレゼン例には、「ワンビッグメッセージ」が見当たらないのです。