米国のプロフェッショナルスピーカー界で殿堂入りを果たしている大御所、パトリシア・フリップは、こう語っています。

 「The enemy of the speaker is sameness」(スピーカーの敵は無変化)

 つまり、プレゼンテーションに何の変化も見られないと、聞いている人たちはすぐに飽きてしまうということです。演台の後ろに立ったまま、微動だにせず、表情も変わらず、同じ声のトーンでただただ話し続ける登壇者……。想像しただけでも疲れてしまいますね。そう、パトリシアが言っているように、プレゼンターにとっての最大の敵とは「無変化」なのです。

 対面でのプレゼンであってもそうなのですから、特に昨今急激に増えてきているオンラインプレゼンの場合、「ながら参加」ができてしまう形式だと「無変化」が少しでも続けば、聞き手は一瞬にして興味を失って、携帯をいじる、メールチェックする、別の作業を始める、コーヒーを取りに行く、トイレに立つ……などなど、違うことを始めてしまうことでしょう。スピーカーにとっての最大の敵である「無変化」を作らないための5つのポイントをお話しします。

(1)ストーリーを語る

 人は「プレゼンを聞いている」と思うとなかなか興味が引かれませんが「ストーリー」には心を揺らす力があります。といっても、何もダイナミックな映画のようなストーリーではありません。日常の中のささいな出来事から、プレゼンのトピックを端的に表すことのできるエピソードを選び、ストーリーとして語ってみましょう。壮大なストーリーをだらだらと話すよりも、ささいなストーリーを巧みに語る方が、聞き手は心が引かれて耳を傾けてくれます。いろいろな変化をつけてストーリーを巧みに語る方法は、6月に発刊した新著『ストーリーに落とし込め 世界のエリートは「自分のことば」で人を動かす』(フォレスト出版)をぜひご覧ください。

(2)参加型の箇所を設ける

 先日の私のオンラインセミナーでは、冒頭からクイズ形式のプレゼンをしました。8問の問題に対し、「YES」か「NO」を答えてもらう形式です。対面なら「YESの人? NOの人?」と挙手を促しますが、Zoomを使うと「Poll」という機能が使えます。画面上に投票のポップアップ画面が現れ、投票すると、すぐに集計結果を見ることができます。聞き手参加型のインタラクティブなPollなら「聞く」「考える」「投票する」「投票結果を見る」「解説を聞く」というたくさんの「変化」を数分内に作り出すことができるので、参加者を飽きさせません。

 このほか、チャットや挙手機能を使うことも考えられます。リアルの場だと、発言や質問に遠慮しがちな参加者もいます。でもオンラインなら、チャット機能を使えるので意見が言いやすくなり、アウトプットの機会が全員に平等に与えられます。さらに挙手機能を使うと、スピーカーにとっても、参加者の理解度を確認できるというメリットがあります。こうしてインタラクティブなやり取りや、意見の吸い上げなどを行うことで「参加している感」を与えることができ、スピーカー側だけでなく参加者側にも「動き」を促して「変化」をつけることができます。