ストーリー、ストーリー、ストーリー!!

 とはいいながら、ビジネスパーソンが行うプレゼンで、ストーリーを巧みに組み込んでいる事例は、日本ではまだまだ多くは見られません。

 そんな中で、素晴らしいストーリー作りをしているな、と感心するのが、トヨタ自動車がYouTubeで配信している、トヨタイズムというチャンネルです。約3万人のチャンネル登録者を持つ、この「トヨタイズム」チャンネルでは、豊田社長や役員のスピーチ・インタビューから、著名人と豊田社長の対談、そして、俳優の香川照之氏を「編集長」として起用した、「編集長」による取材に至るまで、あらゆる角度で、トヨタイズムをストーリーとして魅せています。

 その中で、つい先日、5月18日に豊田社長が出身校のバブソン大学(米国ボストン郊外)の卒業式で行ったスピーチがトヨタイズム・チャンネルにアップされ、反響を呼んでいます。

ワンビッグメッセージをドーナツにのせて

 前回のコラムでワンビッグメッセージの大切さについてお話ししました。

 どんなスピーチでもプレゼンでも、この一点が聞き手に伝わってほしいというメッセージがあり、それをブレイクスルーメソッドでは、One Big Massage〔ワンビッグメッセージ〕と呼んでいますが、何よりも大切なのは、スピーチの最初から最後まで全体を通して、このワンビッグメッセージが一貫して明確に伝わってくる、ということです。

 豊田社長のバブソン大学での卒業式スピーチは、このワンビッグメッセージが非常に明確、かつ、スピーチ全体に一貫して伝わっていました。

 スピーチ全体を通して豊田社長が伝えていたワンビッグメッセージは、「自分に喜びをもたらすものが何か、見つけよう」というメッセージだったのですが、ここで、このワンビッグメッセージをそのまま伝えるだけではないのが、プレゼン上級者の豊田社長のテクです。

 こんな表現を使ってワンビッグメッセージを伝えていました:

 「自分だけのドーナツを見つけよう(15字)」/「Find your own donut(4ワード)」

 さらに、このフレーズを登場させる前に、豊田社長は「自分に喜びをもたらすものが何かを見つけよう」、と心に響くメッセージを語り、それに続いて自分がバブソン大学の学生だった時のストーリーを語ります。そして、「アメリカで私が自分で見いだした喜びは……」「ドーナツ」。心に響くメッセージを語った後の、「ドーナツ」。期待を外すことで大きく笑いをとりながら、「ドーナツ=自分の喜び」というたとえを印象付け、この「ドーナツ」のたとえをスピーチ全体にちりばめて、いわば横ぐしのように刺すことで、一貫したワンビッグメッセージを伝えています。

 さらに言うならば、「ドーナツ」に例えてワンビッグメッセージを語る、このクリエイティブな手法は、Analogy(アナロジー/たとえ)という手法です。

 ワンビッグメッセージを焼き付けるための戦略的手法には、4つのAというのがあります。

●Analogy(たとえ)
●Anecdote(ストーリー)
●Acronym (略語や頭文字)
●Activity(何か聞き手にアクティビティーをさせる)

 ドーナツの例はAnalogyにあたり、誰にでもイメージが付きやすく、親しみやすい「ドーナツ」に例えることで、ワンビッグメッセージを強烈に聞き手の脳裏に焼き付けています。まさにスピーチ達人のなせる業です。

パーソナルストーリーでドーナツを強調

 また、豊田社長は、今回に限らず、カンファレンスでの基調講演や新車発表会の場などでも、パーソナルストーリーをふんだんに取り入れています。

 今回の卒業式スピーチの場合には、3つのストーリーが組み込まれていました。