プレゼンやスピーチには、話し手が伝えたいことを主張するというイメージがあります。

 「今日、私がみなさんにお話ししたいことは……」

 「私の経験では……」

 「わが社の実績は……」

 「私が」「わが社が」「われわれが」……

 自分は決して「オレオレ」と言っているつもりではないのに、気づかないうちに「自分視点」で話してしまっているケースがほとんどなのです。これこそ、私が「オレオレスピーチ」と呼ぶ「自分視点のスピーチ」です。

 このような「オレオレスピーチ」では、自分が伝えたい内容が前面に出てきてしまい、聞き手の興味や問題意識などは後回しになってしまう傾向にあります。

最初に自問したい4つの質問

 一方で、良い語り手とは「聞き手視点」で話ができる人であって「オレが主役」ではありません。「聞き手視点」で考えてみれば、主役は聞き手なのです。

 でも、この聞き手視点というのが、意外にも難しいものです。気づかないうちに「オレオレスピーチ」になってしまわないためには、スピーチ・プレゼンを作り始める前に、必ず次の4つの質問を自問するようにしてみましょう。

 (1)聞き手は誰か?

 聞き手の会社や肩書などだけでなく、プレゼンの内容に関する知識レベルや興味レベル、重要と感じる情報、主な関心事、心が動くツボ――などを分析することです。事前に電話などで情報収集できればベストでしょうが、初めて伺う会社での初回の営業プレゼンなどではそれも難しいでしょう。でもそういった場合でも、今ならインターネットを使えば、相手や先方の組織に関する情報はある程度取れるはずです。ですからしっかりと調査分析を行ったうえで、相手像に関する仮説を立てておくだけでも「聞き手視点」に大きく一歩近づきます。

 (2)聞き手のメリットは?

 次に自問したいのは「聞き手がその話を聞くことで得られるプラスな点は何か」ということです。あなたが売りたい商品、あなたが通したい企画、あなたが知ってほしい知識は、聞き手にとってどのようなメリットがあるでしょうか。聞き手にとって魅力的な「未来予想図」を見せることができれば、相手の心の扉はきっと開くことでしょう。それこそが、相手を動かす第一歩です。

 (3)聞き手になぜ自分が話すのか

 3つ目に自問したいのは「なぜ、あなたがその話をしなくてはならないのか」ということです。ほかの誰でもなく、なぜあなたがその話をするのでしょう? 自分にしか語れないストーリー、経験談、知識、情熱などなど、自分の強みや過去の経験など、自分の内側を観察してみると、必ず、あなたにしかできないことがあるはずです。