つい先日まで、7月5日に出版された書籍『20字に削ぎ落とせ ワンビッグメッセージで相手を動かす』の日本全国出版記念ツアーを行っていました。

 その出版記念イベントに参加してくださった方の中に、政治家のMさんがいらっしゃいました。イベント終了後、とても参考になった、ぜひとも実践したい!と興奮気味にお話ししてくださるMさんから、一つ質問を頂きました。

 「政治家の演説はどうしても、“オレオレスピーチ”が基本なんです。自分の実績を有権者にアピールしないといけません。どうしたらいいのでしょうか」

 私は常々、「オレオレスピーチから脱却せよ!」とお話ししているものの、政治家の演説に特化して考えたことがなかったため、このご質問に気の利いた回答ができませんでした。

 政治家でなくとも、「オレオレスピーチ」になってしまうケースはよく見られます。皆さんも、必ず一度は、自分が気づかぬうちに「オレオレスピーチ」をしてしまっていたことがあるはずです。

 今回は、なぜ「オレオレスピーチ」から脱却すべきなのか、それをどうやって脱却するのか、お話ししていきたいと思います。

 まず、「オレオレスピーチ」とは何なのでしょうか?

オレオレスピーチとは?

 プレゼンやスピーチには、話し手が伝えたいことを主張するというイメージがあります。

 「今日、私が皆さんにお話ししたいことは……」

 「私の経験では……」

 「私は……と考えています」

 「我が社の実績は……」

 「我々はこのようなミッションを掲げています……」

 こうしたセリフを頻繁に聞きますよね? 私が、我が社が、我々が、自分のチームが……オレが、オレが……。

 実は、自分は決して「オレオレ」と言っているつもりではないのに、気づかないうちに「自分視点」で話してしまっているケースがほとんどなのです。これが、私が「オレオレスピーチ」と呼ぶ「自分視点のスピーチ」です。このような「オレオレスピーチ」は、自分が伝えたい内容が前面にきてしまい、聞き手の興味や問題意識などは後回しになってしまう傾向にあります。

 一方で、よい語り手とは、「聞き手」視点で話ができる人であって「オレが主役」ではありません。