ロジカル思考はスピーチ構築に必須のスキル

 先日、日本での企業研修でのことです。

 A社は、日本を代表するグローバル企業の一つです。次期幹部候補のリーダーシップ育成プログラムの一環として、2日間にわたるプレゼン研修を担当し、私自身のスピーチコーチとしての提供価値を再確認したとともに、参加者の人生に影響を与えられたという実感を強く持てた研修となりました。

 この研修では、1日目の午前中でプレゼンの基礎を学びながらロジカル思考を鍛えると同時に、「自分らしいリーダーシップとは」をテーマに、自分にしか語れないストーリーを引き出していきました。参加者の皆さんには、これまでビジネスプレゼンの中で「ストーリー」を語る経験があまりなかったのですが、前回のコラムでご紹介した、スピード・ストーリー構築法を使うと、どんどんいろいろなストーリーが上がってきました。

 午後はそれらのストーリーに基づいて作ったプレゼンを一人ひとり行い、その場で即時コーチングをしていきました。2日目は1日目のフィードバックに基づいて各自プレゼンを改善し、再度発表。今度は人事部長も加わり人事部長からのフィードバックと、講師の信元からのフィードバックを再度行い、最終的に行われる社内経営層へのプレゼンに備えるという内容でした。

 研修のハイライトは、1日目の個人プレゼン直後の即時コーチングです。

 初めて会う参加者の方々から初めて聞くスピーチを約1分間で即時分析し、的確にフィードバックを出していきます。フィードバックしていくと、発表者自身はもちろんのこと、ほかの参加者たちも瞳孔が開き、「おお……」という声すら上がることもしょっちゅうです。休憩時に、「どんな頭の構造をしているんですか……?!」というコメントを多数いただきます。

 ここで私が使っている力、それは「ロジカル思考を生かした分析力」です。

 本業は戦略コンサルタントですので、市場調査・分析が非常に得意な部分、かつ、好きな業務です。このスキルはスピーチコーチに最大限生かすことができ、他のスピーチコーチやプレゼンの専門家にはおそらくできない、私だけが提供できる価値です。これはまさに、ロジカル思考をベースに瞬時に分析し、改善法も瞬時に提供できる力です。

 今回、皆さんにこの話をお伝えする理由は、スピーチ構築の鍵はロジカル思考にあることを再度強調してお伝えしたいからです。

 私の即時コーチングでは、参加者のスピーチを聞いている際、大量のメモを取ります。そのスピーチのオープニングからクロージングまで、全体の構成の鍵となるキーワードやストーリー、ロジックなどの話の流れをすべて順番に書き留めているのです。いわば、そのスピーチの青写真を書き写しているようなイメージです。そしてそこから、ロジックの飛び・漏れ・抜けや、メッセージの一貫性、などを分析していきます。すると、いろいろな要素が見えてきます。

 例えば、途中から話し始めたあのストーリー、またはあの質問を冒頭に持ってきた方が、オープニングのインパクトが倍増する。あるいは、補足説明として加えていた情報をもっと前面に、かつ、最初に押し出すと、聞き手の感情を揺さぶるコントラストが出る。あるいは、あるポイントからポイントの説明に移った時に情報のレベル感に飛躍があるため、レベル感を合わせた新たな情報を加えると説得力が上がる。などなど。

 これらに共通しているのは、スピーチ原稿をゼロから大改造するのではなく、順番を変えたり必要な微調整をするだけで、聞き手に「おお!!」という大きなインパクトを与える改善が可能であることです。

 これはロジカル思考を軸にして分析しているからこそ見えてくる要素であり、だからこそ、常々お伝えしている通り、「プレゼン・スピーチは情報の整理術」なのです。