ストーリーの掘り起こしがもたらす副産物

 9月から4カ月連続で続いていた、プロスピーカーの集中ブートキャンプがようやく終わりました。「ブートキャンプ」、と表現すると、皆ひたすら黙々と技術研鑽に励むイメージかもしれませんが、実はその一部分にすぎません。このプログラムには、アメリカ、カナダ、イギリスといった、いわゆる英語圏の各国から約30名のプロスピーカーが一堂に会しました。

 メンバーのバックグラウンドも実に様々です。元戦闘機パイロットの50代男性、元陸軍で現在は会計事務所を営む60代男性、デジタルマーケティングを専門にする30代女性、テレビパーソナリティーの40代女性、現役内科医師の50代女性、NBA(全米プロバスケットボール)メンタルコーチの50代女性、作詞家の30代男性、元舞台女優で現在は精神科医の50代女性、元歌手で現在LGBT推進に取り組む30代女性……。

 こんなユニークな面々が、「スピーチ一つひとつで世界を変えたい」という共通の思いを持ってこの4か月間、原稿構成やスピーキング技術はもちろんのこと、即興術から発声・滑舌、動き、パフォーマンスなど、スピーキングを「パフォーマンス」と捉えた多方面からの訓練を行い、リハーサルを重ね、コーチングを受け、共に支え合い、刺激し合いながら大きな変化を遂げてきました。

 最終日の「卒業式」では、メインコーチが、参加者一人ひとりに、パーソナルなメッセージを語りかけ、参加者たちもそれぞれ、これまでの学びや思いを自分の言葉で語り、信じがたいかもしれませんが、コーチをはじめ参加者が話しながら、そして仲間の話を聞きながら、恥ずかしげもなく何度も涙を流しました。

 私も社会人になってから、ここまで感動を覚え、さらに皆一体となってその感動を共有したことは初めて、と言っていいくらいの体験でした。

 もちろん、4カ月間の苦労と達成感が大きな要因ではあるのですが、それ以上に、一人ひとりが語るストーリーが、誰の心にもストレートに響いてきたからです。

 ストーリーは人の心を動かすことができます。しかし人の心を動かすストーリーを語ることは簡単ではありません。それを実現できるたった一つの方法が「自己内省」を行うこと、です。

 自分のこれまでの経験、過去の過ち、苦悩、自分の強さ、弱さ……。誰しも、心の中にたくさんのドアがあります。開きたくない心のドアを一つ一つ開いていき、自分自身と向き合っていくことで、初めて、人の心を動かすストーリーを掘り起こすことができるのです。そんなストーリーが掘り起こせた時、スピーチよりも大きな副産物を得ることができます。

 それが自己肯定、自己実現、自己変革です。

 だからこそ、私はプロスピーカーになった、とも言えます。自己内省を常に行い、ストーリーを組み立てていくことが、おのずと自己変革につながるからです。世界のトップリーダーたちは、皆、この自己内省プロセスを実践しているのです。