1.心理的安全
メンバーは誰もが安心して意見を述べ、提案し、行動できる。

2.相互信頼
お互いを信頼し、互いに業務を補完することができる。

3.組織構造と境界の明確さ
チーム全体として、明確な目標、役割分担、計画を持つ。

4.仕事の意義
メンバーは自分の仕事に個人的な意義を感じている。

5.仕事のインパクト
メンバーは自分たちの仕事に大きな意味があり、社会へプラスの影響を与えると考えている。

 特に、冒頭の「心理的安全」は他の4つの土台となる、最も重要な要因とされています。

 「心理的安全」とは心理学用語で、他者の反応に不安を感じたり、おびえたりすることなく、自分の意見や想いを素直に伝えられる環境や雰囲気のことです。

 「心理的安全」が確保された職場では、チームが目指す成果を上げるため、メンバー全員が率直に本音を言い合えます。

 しかし日本企業の職場には、「職場で孤独を感じる」社員が多く存在しています(2011年、産業能率大学調査)。

 なかでも、職場の上司と部下の関係は、職場の人間関係において、仕事の成果や職場の業績に最も影響を与えます。職場の上司(課長)の65.1%が、「職場では有益な情報が共有できている」と思っているが、部下ではその割合が52.5%に下がる調査結果もあります(2016年、日本生産性本部「第4回 職場のコミュニケーションに関する意識調査」)。上司と部下の情報共有は、上司が思っているほど、うまくいっていないのが実情です。

 組織で、「心理的安全」を確保し、相互が信頼し合える人間関係を作るには、タテとヨコの社内コミュニケーションを活発にするための 取り組みが重要です。

原田かおり(はらだ かおり) ヒューマンキャピタルOnline編集長
日経BP社 日経BP総研 コミュニケーションラボ 主任研究員
原田かおり

出版社を経て、2000年 日経BP社入社。2017年4月より現職。カスタム出版やオウンドメディアのプロデュースを数多く手掛ける。ゴールドクレジットカード会員誌『クオリテ』(東急カード)、Webマガジン『大人の心得帳』(NTT東日本フレッツ光/東急文化村)など編集長として企業機関誌やオウンドメディアの創刊・リニューアルを多数経験。2018年2月、「社内コミュニケーション改革セミナー」全体プロデュース・講演。同年7月、HumanCapital 2018 「ワークスタイル変革SUMMITパネルディスカッション」モデレーターを務める。

※筆者の会社名および役職は執筆当時のものです。