ここで読者の方も気づかれたかもしれません。「創造的学習」のプロセスは、社内コミュニケーションを活性化することにつながるのです。

 特に、「実体験する」「他者と交わる」「教え合う」といったポイントは、「働きがい」を実感できるコミュニケーションであるといえるでしょう。今回、紹介した「創造的学習」の詳しい内容は、著書『創造的学習をする「個人」を育てる「組織」 ホワイト企業』(日経BP社)を参照してください。

 「100年ライフの時代」は目前です。就職してから50年以上続く職業人生を見据えて、常に自身のリーダーシップと専門性を高めていきましょう。

原田かおり(はらだ かおり) 日経BP 総合研究所 HR事業部 ヒューマンキャピタルOnline編集長
原田かおり

出版社を経て、2000年 日経BP社入社。カスタム出版やオウンドメディアのプロデュースを数多く手掛ける。ゴールドクレジットカード会員誌『クオリテ』(東急カード)、Webマガジン『大人の心得帳』(NTT東日本フレッツ光/東急文化村)など編集長として企業機関誌やオウンドメディアの創刊・リニューアルを多数経験。2018年2月、「社内コミュニケーション改革セミナー」全体プロデュース・講演。2019年5月、「CHOsummit2019」全体プロデュース・講演、ヒューマンキャピタル2019「働きやすい組織と環境の新しいカタチパネルディスカッション」モデレーターなど務める。

※筆者の会社名および役職は執筆当時のものです。