「働き方」改革から「働きがい」改革へ

 2018年2月27日、日経BP総研が主催した「社内コミュニケーション改革セミナー」では、講師・永禮弘之氏への質問をスマートフォンによるリアルタイムアンケートで募集。その場で、多数の質問が寄せられた。

 イノベーションを起こし、成長を続ける組織へ変革するには、社員と企業のエンゲージメントを高めることが第一だ。そのためには「働き方」改革だけでなく、社員一人ひとりが「働きがい」を実感できる改革に取り組む必要がある。

 その鍵が、社内コミュニケーションのあり方を見直すことだ。

 「上司と部下」の関係のタテのコミュニケーション、そして「組織全体、部署間」というヨコのコミュニケーションを、同時に改革していく必要がある。

 本コラムでは、そのポイントをセミナー参加者から寄せられた質問からひもといていきたい。いま、企業の人事担当や経営企画担当、マネジャーが実感する、社内コミュニケーションに関する現場の悩みとは? その処方箋を永禮氏が解説する。

Q. 若手社員とベテラン社員では、仕事のモチベーションを向上させる方法が違うのでしょうか。

A. どちらも「自己の成長」が第一ですが、その具体的な内容が異なります。

永禮 弘之氏
永禮 弘之(ながれ ひろゆき)
株式会社エレクセ・パートナーズ 代表取締役
化学会社の営業・営業企画・経営企画、外資系コンサルティング会社コンサルタント、衛星放送会社経営企画部長・事業開発部長、組織変革コンサルティング会社取締役などを経て現職。
多数の企業や官公庁に対し、1万5,000人超の経営者、経営幹部、若手リーダー育成を支援。ATD(アメリカに本部がある、世界最大規模の人材開発・組織開発の会員組織)日本支部理事、リーダーシップ開発委員会委員長。早稲田大学、立教大学をはじめとする教育機関でのリーダーシッププログラムの講師も務める。
人材育成、マネジメント、組織開発をテーマにした出版、メディア掲載も多数に上り、主な著書に『強い会社は社員が偉い』『ホワイト企業』(日経BP社刊)。

仕事のモチベーションを高める6つの要因

 働く人は誰しも、仕事のモチベーションを高める「スイッチ」を持っています。一人ひとりのスイッチは異なりますが、主に6つの「欲求」にまとめられます。

1.自分自身が成長したい(成長欲求)
 現在取り組んでいる仕事が自分の成長につながっていると実感でき、新たな知識やスキルを獲得することです。仕事の成果も自分にとって満足いくものに仕上がります。

2.仕事を通じて達成感、貢献実感を得たい(達成欲求)
 自分の理想や目標を実現することができたというポジティブな感覚です。例えば、長年の研究結果が、製品となって世に出るのもこの一つでしょう。こうした達成感を継続して体験できれば、問題解決に貢献しているという実感が得られます。

3.尊敬できる人との関係を深めたい(親和欲求)
 分かりやすいのは、自分の仕事を尊敬する上司から認めてもらう経験です。また、一人ではできないような仕事を、互いに尊敬する仲間と一緒に成し遂げる経験も同様です。仕事の成果を共にたたえあえる人がいるだけ、高い満足感が得られます。

4.他人に認められたい(承認欲求)
 自分の仕事や成果が、上司や顧客から評価されていることを実感することで、自尊心やプライドを満足させることです。ライバルとの出世競争に勝ちたいという欲求も含まれます。

5.実利を得たい(利得欲求)
 金銭以外の実利を得たいという欲求です。例えば、目先の仕事が目指す資格の取得につながったり、一つの仕事が成功したことをきっかけに新たな仕事を獲得したりすることで、満足感を得ることです。

6.高い報酬を得たい(報酬欲求)
 高い報酬を通じて、満足感を得ることです。賞与が上がる、昇給することが当たります。