うつによる休職を自分を見つめ直す機会だととらえる

水野:うつ病休職から復職する人たちをみていると、この病気になって「これは、これまでの自分を見つめ直す機会なのだ」と気づいた人たちは、比較的長く、仮にその後に体調がまた悪くなることがあったとしても、自分を見直そうとカウンセリングなどを受けて、うまくやっていけることが多いように思います。

 でも、短期間で職場復帰を希望する人たちは、自分自身が以前と何も変わっていない状態で職場に戻ってくることが多いので、自己判断で薬を飲むのを止めてしまったり、それでまた再休職してしまうことがあります。

五十嵐Dr.:そこは、大事なところですね。

 うつによる休職には本人の要因、職場の要因、主治医の要因、家庭の要因……など、いくつもの要因がありますが、今水野さんが話されたように、自分自身の要因に気づいているかどうかというのは、すごく大事なことなんです。それをプログラムに取り入れているのがリワークプログラムです。

 とくに「なぜ、自分は休職したのだろう?」という本人要因の整理は大事です。

 自分のどんなところが、うつを発症することにつながったのか。環境や他人は変えられませんが、本人要因は自分でコントロールできますので、自分で見直して変えられることが対策になるのです。

 これに気づかせることが一番大切であり、休職することになった自分の原因を考え、対策スキルを身に付けるのがリワークプログラムです。

水野:なるほど。お話を聞いていて、リワークプログラムを受けることが職場復帰の準備としては理想的かなと思います。ある意味、集団の中で職場体験に近いことをされるわけですからね。

五十嵐Dr.:最近は、会社によっては、リワークプログラムを受けてからでないと復職はダメだ、と産業医や会社がハッキリ言っているところもあります。

部下と毎日接する上司から情報を得る仕組みを

五十嵐Dr.:御社はEAP(従業員支援サービス)と契約されていますね。でも、そもそもEAPは従業員向けのもので、社員がEAPにメンタルヘルスの相談に行っても守秘義務があるので会社には情報が入ってきません。もともとEAPというのはそういうものですが、会社としての対応が遅れるという面があります。

水野:そうですね。当社では、復職時には社員の同意を得たうえで、EAPのカウンセラーと人事部門が連携して復職に向けた支援をしていますが、初期に社員が何らかの不調についてEAPに相談した段階では、EAPから会社に「この人はメンタルヘルスの問題を抱えています」という情報は全く入ってきません。

五十嵐Dr.:本来、社員の不調に対応するには、深刻な状況になる前に、早くその事実を知ることが必要です。そのためには、毎日、部下と顔を合わせている上司からの情報が重要になってきます。会社としては上司が部下の不調のサインに気づいたら、上司が抱え込まずに、とにかく早く知らせてほしいと考えているはずです。

 人事が、給与計算の時に確認する出勤簿で、「この人の勤務状況はおかしいのではないか」と初めて分かるようでは、実は遅いのです。

水野:当社も少しずつ、そういう体制を作りつつあります。マネージャーには研修などで「とにかく部下の不調のサインに気づいてください。遅刻が増えたとか、いつも明るい人がちょっと暗いとか。いつもと違うことに気づけるのは上長だけです」と話をしています。

五十嵐Dr.:そういうチェックリストを作って配布し、上司が気にかけてチェックするだけでも、分かります。

水野:なるほど。上長が、うつ状態かもしれないというサインを見つけるチェックリストがあるといいですね。