――これからの人事担当者に必要な資質を教えてください。

入山:今後日本の人事担当者に求められるのは、経営者目線を持ち、イニシアチブを取って業務に当たる姿勢です。従来のようにバックオフィス的な作業やトップから振ってきた仕事をこなしているだけでは、企業に変化は引き起こせません。

 人事担当者に必要な資質は「社員一人ひとりの人生を大事にし、幸せにしよう」とする情熱ですね。スタッフ一人ひとりに共感力を持って個別対応する、くらいの気概があってもいいと思います。私の周りでも、伸びている企業の多くは、その人事担当者が面白い方である場合が圧倒的に多いです。

――人事は今後、どのような取り組みをすればよいでしょうか。

入山:制度を整えることも重要ですが、それ以上に人事の実行力と推進力が求められると思います。実行段階になると「それは私の裁量ではできない」と萎縮する担当者もいますが、これでは戦略人事は進みません。

 人事担当者が社内外で積極的に行動することも必要でしょう。本社に閉じこもっていても、知の探索はできません。社外と交流し、異質な文化や人材に触れることを勧めます。時には上長から了承されなくても自分で勝手に動いてしまうような、「ゲリラ的人事」といった考え方があってもよいかもしれません。

 CHOやCHROの必要性を話してきましたが、ポイントは肩書ではありません。これからの人事に望まれることは、担当者が問題意識と情熱を持って行動し、経営者と同じ目線で戦略的な意思を持って人材に相対することにほかならないのです。

大塚 葉(おおつか・よう) 日経BP 総合研究所 HR事業部 上席研究員
大塚 葉 日経BP入社後、「日経PCビギナーズ」発行人兼編集長、日経ビジネスオンライン、日経WOMANプロデューサー、日経BPコンサルティングカスタム出版本部第二部長などを経て現職。著書に『人材マネジメント革命~会社を変える〝カリスマ人事″たち~』『攻める周年事業で会社を強くする!』(いずれも日経BP)、『社史・周年史が会社を変える!』(日経BPコンサルティング)、『やりたい仕事で豊かに暮らす法』(WAVE出版)、『ミリオネーゼのコミュニケーション術』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)など。

※筆者の会社名および役職は執筆当時のものです。