ただし「転職活動中」「転職活動はしていないが検討中」と答えた人に、転職したい時期を尋ねたところ、「時期未定」が最多(43.2%) 。反対に「1年以内」は合計23.3%で、すぐに転職したいと考えている層は限定的といえます。

[画像のクリックで拡大表示]

 次に、転職を検討している理由を尋ねたところ、最も多かったのは「会社や業界の将来に不安を感じた」で、僅差で「収入を上げるため」が続きました。

[画像のクリックで拡大表示]

 具体的な理由を尋ねると、「業界の将来性がないから(2年目)」「今の仕事を続けても、今後スキルが身につくと思えない(1年目)」「職種により出世ルートが決まってしまい、自分の将来像が描けないため(3年目)」「将来的に、仕事と家庭・育児の両立ができる働き方を望むため(3年目)」などと、長期的なキャリアを考えたうえで、転職を視野に入れているという人が多く見受けられます。

 転職意向はあるものの、時期は「未定」という回答が多かったのも、こうしたことが影響しているのでしょう。「転職予備軍」を減らすためには、長期的に自社で活躍するイメージを持たせることが肝要といえそうです。

■調査概要

調査名:「若手社員のキャリア満足度調査」(2019年3月発行)
調査対象:社会人1~3年目(2016~2018年度入社者)(元「キャリタス就活」学生モニター)
調査時期:2019年1月16日~27日
調査方法:インターネット調査法
回答者数:1,148人
 2016年度入社者 305人(男性170人、女性135人)
 2017年度入社者 350人(男性184人、女性166人)
 2018年度入社者 493人(男性275人、女性218人)

松本 あゆみ(まつもと あゆみ) 株式会社ディスコ キャリタスリサーチ 研究員
松本 あゆみ

ディスコ キャリタスリサーチでは、新卒採用マーケットを中心に就職・採用に関する調査・分析を実施。「キャリタス就活」の会員から「就職活動モニター」を組成し、学生の就職活動状況や内定率、志向などを定期的に調査するほか、新卒採用を行う企業を対象とした調査も実施、採用計画や充足率など採用活動状況などの分析を行っている。
筆者は、株式会社ディスコ入社後、採用アウトソーシング、就職情報サイトの学生向けプロモーション、採用コンサルティング部門などを経て、2015年より現職。

●株式会社ディスコ キャリタスリサーチのサイト
http://www.disc.co.jp/career_research/

※筆者の会社名および役職は執筆当時のものです。