就活生にとって、企業研究に欠かせないツールの一つである「採用ホームページ」。早期から業界研究や企業研究を始める学生は増えており、採用ホームページでの情報発信の質と量が、企業イメージの形成に与える影響は、年々高まっています。

 学生はどのような採用ホームページを好意的に受け止めているのでしょうか。キャリタス就活2019学生モニターに、就職活動中に閲覧したものの中から好印象だったものを尋ね、ランキング形式で集計しました。上位には、学生にとって知名度の高い人気企業が名を連ねていますが、全体的には票が分散しています。

採用ホームページ好感度ランキング《総合》
[画像のクリックで拡大表示]

 評価の理由もあわせて尋ねました。業務内容が職種ごとに具体的に示されていたり、先輩社員が多く紹介されていたりするものが、学生の支持を集めたようです。また、社風が伝わってくるデザインや、印象的なキャッチコピーで企業イメージを伝えているものも高評価でした。

 ランキング上位の企業について、学生の評価コメントをご紹介します。

1位 三井物産
・社員のインタビューや事業紹介動画など、コンテンツが充実している。
・オフィスの様子がストリートビューのように見られる仕組みがあった。そこまで開示してくれる企業はあまりないため好印象だった。
・社会に与える影響力の大きさを感じた。
・各種コンテンツが詳細に分けられており、面接などの対策がしやすかった。

2位 三菱UFJ銀行
・採用Q&Aが充実しており、選考前に不安や疑問を解消することができた。
・女性行員の意見もしっかり載っていて参考になった。
・ほかとは異なるUIだった。セミナー情報がトップにあり、分かりやすかった。
・メガバンクならではの仕事のスケールややりがいなど、社員の声を読んで感じ取れたため。
・社員の動画などがあり分かりやすかった。

3位 サントリーホールディングス
・色使いが爽やかで落ち着いており、絵や図を用いていて見やすかった。
・ログインする度に表示されるひとことがよかった。
・デザインやキャッチコピーが独特で注意を引いたから。