プレ期に採用ホームページ公開は約半数

 最後に、採用ホームページ公開時期に関するデータをご紹介します。

 採用広報解禁の3月には、97.6%の企業が採用ホームページを公開していますが、2月時点では44.5%と5割を下回ります。

 一方、学生の「業界研究を始めた時期」を見てみると、2月までのプレ期に業界研究を始めた学生は8割を超えます(86.2%)。

 さらに「志望企業の研究を始めた時期」は2月に半数を超えており(50.8%)、採用広報解禁を待たずに志望企業を決めたうえで、その企業の研究を開始している学生が多いことが分かります。3月以降に採用ホームページを公開しても、志望企業に入っていないと、なかなか学生に見てもらえないということにつながりかねません。募集要項などの採用情報の公開は3月以降になりますが、企業情報や仕事内容などは、できるだけ早い時期から公開することが、多くの学生の目に留まる機会を増やすことにつながるといえるでしょう。

業界・企業の研究を始めた時期/企業の採用ホームページ公開時期
[画像のクリックで拡大表示]

調査概要

『2019年卒 採用ホームページ好感度ランキング』
調査対象:キャリタス就活2019 学生モニター
調査期間:2018年7月1日~5日
調査方法:インターネット調査法
調査機関:株式会社ディスコ キャリタスリサーチ

松本 あゆみ(まつもと あゆみ) 株式会社ディスコ キャリタスリサーチ 研究員
松本 あゆみ

ディスコ キャリタスリサーチでは、新卒採用マーケットを中心に就職・採用に関する調査・分析を実施。「キャリタス就活」の会員から「就職活動モニター」を組成し、学生の就職活動状況や内定率、志向などを定期的に調査するほか、新卒採用を行う企業を対象とした調査も実施、採用計画や充足率など採用活動状況などの分析を行っている。
筆者は、株式会社ディスコ入社後、採用アウトソーシング、就職情報サイトの学生向けプロモーション、採用コンサルティング部門などを経て、2015年より現職。

●株式会社ディスコ キャリタスリサーチのサイト
http://www.disc.co.jp/career_research/

※筆者の会社名および役職は執筆当時のものです。