サッポロビール株式会社 吉原正通氏(左):
1999年サッポロビール入社。給与計算など労務実務で経験を積みながら、サッポログループ内のシェアードサービス会社立ち上げなどに従事。2009年からカナダ現地子会社の人事担当、M&A後のグループ企業の人事制度設計担当などを経て、現職。評価制度をはじめとした人事制度全般の改定に取り組んでいる。

松丘:御社のことを知らない方はいらっしゃらないと思いますが、簡単に概要をお聞かせくださいますか?

吉原氏(以下、敬称略):サッポロビールはお酒の製造・販売事業をメインとしています。創業143年と歴史が非常に古く、明治初期に開業した開拓使麦酒醸造所からたすきが受けつがれています。ビール、焼酎、ワインなどを皆さんに飲んでいただき、そして楽しんでいただくことを生業としています。「サッポロビールを選んでよかった」とお客様に言われる企業でありたいと常に考えています。

 一方で、ご存じの通りビール業界は寡占業界で競争も熾烈です。B2Cの日本の食品企業全般に言えることですが、日本では人口減が進んでおり、グローバル企業に比べると営業利益率も低く、かつ競争も過多ですから、大変な業界です。

松丘:厳しい経営環境におかれている中で、1on1を始めた目的や背景を教えていただけますか?

吉原:先ほど申し上げた通り、弊社は競争が熾烈な中にあってお客様に支持されるために社員の挑戦を促すよう、人事制度の中でも工夫してきました。例えば、MBO(目標管理)では、「挑戦したら2点加点」しますといった、加点制のようなマイナーチェンジも実施してきました。それでも従業員意識調査の結果では、挑戦する風土が足りず、決められたことしかやらないといったスコアが変わらなかったので、そもそもこの評価制度は人材の育成に役立っているのかと、何度も人事部で議論してきました。

 社員の成長に向き合うようなツールを調査していく中で1on1に出会ったので、まずできるところから始めようとやり始めたのがきっかけです。

松丘:いつ頃から取り組んでいるのでしょうか?

吉原:私が人事部に異動してきたのが2017年の9月でした。2018年度のプランを決めるにあたり、2017年12月までに全国の支社・工場に何らかを発信する必要がありましたが、その1~2カ月の間にとにかく1on1を実施するということだけを決めてスタートしました。弊社の場合、人事から何かを発信すると丁寧に時間をかけてやってくれる社員が多いということが分かっているので、あまり負担にならないように、メンバーと気軽に月に15分間、1対1で話してくださいという程度で、軽くスタートしたというのが最初でした。