スカイライト コンサルティング株式会社 羽物俊樹氏(右):
慶應義塾大学理工学研究科修了。アンダーセン・コンサルティング(現アクセンチュア株式会社)を経て、2000年にスカイライト コンサルティング株式会社を創業。顧客から高い評価を得ているコンサルティングサービスを成長させることにとどまらず、ベンチャー投資や新規事業の立ち上げ・推進をリードしている。近年では、クロスボーダーでのコラボレーションやイノベーションにも取り組んでいる。

松丘:最初に御社がどういう会社か、特徴を教えていただけますか?

羽物氏(以下、敬称略):スカイライト コンサルティングは2000年に設立されましたので、今年で創業20年を迎えます。前職のアクセンチュアの仲間とスピンアウトし、さらに外部の人も採用してコンサルタントとして育てていき、現在140人くらいの会社となっています。

事業の最も大きな柱は、企業向けのコンサルティングです。特徴としては、教師のように指導するというコンサルティングでもなく、アウトソーサーのように言われたことをやるというわけでもなく、「経営課題をお客様と一緒に解決していきましょう。そのために必要な頭脳やワークロードを提供させていただきます」というスタンスだということです。

 もう一つはベンチャー投資・育成事業です。世の中を良くしていくための投資が必要だと考え、スタートアップ期のベンチャーにも出資を含めた支援を行い、そこを伸ばしていくという事業です。近年ではスポーツビジネスに関わる企業にコンサルティングサービスを提供したり、海外展開もしたりしています。