サイオス株式会社 代表取締役社長 喜多伸夫 氏(左):
サイオス株式会社代表取締役社長、サイオステクノロジー株式会社代表取締役社長、一般社団法人 WebDINO Japan(旧Mozilla Japan)理事。京都工芸繊維大学卒業。
1993年から1999年までの米国生活中にLinuxと出会い、シリコンバレーのLinuxベンチャー企業立ち上げを支援するとともに、米国のオープンソースソフトウエア開発者たちと積極的に交流。1999年に帰国後、Linuxシステムメーカーのナンバーワンを目指してノーザンライツコンピュータ株式会社の社長に就任。2002年1月、株式会社テンアートニと同社の合併に伴い、株式会社テンアートニ(現サイオス株式会社)の社長に就任。

松丘:最初に御社がどういう会社か、特徴を教えていただけますか?

喜多氏(以下、敬称略):サイオス株式会社という持株会社の下に複数の事業会社があり、どの会社もITをベースとした製品やサービスを提供しています。コンシューマー向けビジネスもありますが、エンタープライズソフトウエア関連のビジネスが大半を占めており、多くが法人向けです。グループ全体の社員数は、海外の事業会社を含め約500名で、売上は2019年度実績が136億円という規模です。

変革のねらい

松丘:御社では人事や組織マネジメントの大きな変革に取り組まれていますが、最初にそのねらいについて教えていただけますか?

喜多:我々はテクノロジーをベースとしたビジネスを行っています。我々の財産は、製造業のような設備ではなく、人がすべてです。なぜなら、テクノロジーは人によって生み出されるものだからです。働きがいのある環境を提供する会社でなければ、大切な人材は集まってきません。多様な人材がこの会社で働きたいと入社した時に、彼らのためにやりがいのある仕事が中長期的かつ永続的にできる状態を作ることが、事業戦略上のトッププライオリティーとなります。会社をそのような状態にするために変革を行っています。

松丘:たいへん意欲的なビジョンですね。それを実現するために、どのような取り組みをされてきましたか?

喜多:2018年に全社員へのヒアリングを実施しました。その結果から様々な課題を抽出し、それらをどのように解決していくか検討を行ってきました。IT業界では優秀な人材の獲得競争が起こっています。中途採用では競合にあたるIT関連企業から当社へ入社するケースや、逆のケースもあり、その多くが外資系企業です。つまり、競争相手はグローバルなので、グローバルなIT企業における最先端の人事施策を常にベンチマークしながら、我々にあった制度にアレンジして導入をしています。