タレンタ株式会社 田中義紀氏(右):慶応義塾大学院理工学研究科管理工学専攻修了。日本オラクル株式会社、日本ヒューレット・パッカード株式会社を経て、タレンタ株式会社の前身である株式会社サンブリッジソリューションズに入社。海外の最先端テクノロジーを活用した日本企業のバックオフィス業務の効率化・高度化の支援に一貫して携わる。2009年以降はHRテクノロジー領域に特化し、人事業務の効率化や高度化に加え、現場コミュニケーションの活性化や内的動機づけの促進を狙った最先端HRテクノロジーの発掘や日本企業への適用手法を開発し、サービスとして展開している。

松丘:最初に御社がどういう会社か、特徴を教えていただけますか?

田中氏(以下、敬称略):タレンタは、国内外の最新HRテクノロジー製品の日本市場への展開を通じて、日本企業の人材マネジメント変革の実現を支援する会社です。複数製品を取り扱っているのですが、現在は米国HireVue社のデジタル面接/AIアセスメント事業に最も力を注いでいます。人材マネジメント変革の支援を通じ、私たちのミッションでもある一人ひとりの「Work Happy!」の実現を狙います。一人ひとりが仕事をするなかで感じる「Work Happy!」が企業の長期的な価値の向上、さらには日本全体、世界全体の活性化につながると信じて日々活動しています。

松丘:早速ですが、御社では1on1はいつ頃からどれくらいの頻度で実施されていますか?

田中:2018年1月からですので、1年9カ月になりますね。当初は2週間に一度でしたが、徐々に頻度を落とし、7月から1カ月に一度で行っています。

松丘:頻度を落とした理由は何でしょうか?

田中:まず、社員間での相互理解ができてきたということが挙げられると思います。プライベートな部分も含め、仕事に影響することが共有できるようになり、それぞれのキャリアに対する考え方への理解が深まってきました。また社員が自律的に行動できる範囲が広がってきたからです。

松丘:日程はどのように決めていますか? また、1回当たりの時間はどれくらいですか?

田中:1on1終了後、次回の日程の決定と部屋の確保をアシスタントにお願いしています。当初は30分間で始めましたが、現在は頻度を落としたこともあり、50分間で実施しています。最初の30分間はできるだけ聞くことに徹し、そのあとディレクションやアドバイスをしたりします。対話を通じてアイデアが出た時には、アクションに落とし込むところまでやってしまいます。