株式会社キーポート・ソリューションズ 森田昇氏(左):早稲田大学理工学部卒業後、積水化学工業、三菱総合研究所、アーンスト・アンド・ヤング・コンサルティングなどを経て、企業経営プロフェッショナルとしてキーポート・ソリューションズ代表取締役(現任)を含めこれまで十数社の役員を歴任。現在、株式会社キーポート・ソリューションズ代表取締役会長の他、サイオス株式会社(東証2部)取締役専務執行役員をはじめ、数社の役員(現任)を兼任。専門は経営企画・事業戦略・M&A。

松丘:最初に御社がどういう会社か、特徴を教えていただけますか?

森田氏(以下、敬称略):株式会社キーポート・ソリューションズ(以下、「KPS」)は、約20年前の1998年に創業し、今では世界的に広く普及しているJavaというコンピューター言語がまだ黎明期の時代に、インターネット証券取引のフロントシステムとして、ネット取引の先駆者である松井証券に採用されて以来、一貫して金融系のシステム開発を手がけている会社です。

 今では総合金融会社、ネット証券会社に加えてフィンテック領域の開発から農業系のグリーンテック、そしてHRテックにまで領域を広げているテックカンパニーです。

松丘:早速ですが、御社では1on1はいつ頃から何を目的として実施されていますか?

森田:1on1は、私も役員を兼務している親会社サイオス株式会社が、OKR(Objectives and Key Results)の導入とともに取り組んでいる最中で、KPSでも今年から一部の部門で運用に着手したところです。

 先行しているサイオスでは、全社で設定・展開している挑戦的なOKRを確実に進捗させるために、アジャイルに組織と個人の方向性を同調させていくことをねらいとして、頻繁な1on1を実施しています。一方で、KPSではOKRと連携させることよりも、1on1を通じて従業員のコンディションを良好に保つことを重視しています。

松丘:1on1を始めてからこれまでに、どのような変化を感じていますか?

森田:正直なところ、まだ戸惑っているところが多いような気がしています。聴く側も、話す側も慣れておらず、双方向の「対話」であるべき1on1が上意下達の「議論」になっていたり、本来は聴くべき側が話してばかりいるなど、心理的安全性が醸成されていない中で1on1が実施されているようなケースも散見されるのが偽らざるところです。

 ただ、誰もが「話す」ことで、ストレスリリースになることも事実ですし、感覚的距離感が縮まって、関係の質が良くなっているような気がします。期待するパフォーマンスを得るためには、まず関係性が成立することが第一歩だと思いますので、その点では1on1の成果を感じています。