社長就任会見でも随所に「ワクワク」という言葉が出てきた。

――社員の副業を認めるかどうかで悩んでいる経営トップは多い。ただ、その若手社員のように「副業してスキルを獲得して会社に貢献したい」という心構えは素晴らしいですね。

高橋:そうなんです。若手と話していると、我々世代の固定観念が見方を狭めているんじゃないかと感じることがよくあります。

 例えば、ベンチャー企業の若い人はいろんなスキルを磨くために副業を活用する意識が根付いています。彼らはちゃんとステップアップしながら会社を渡り歩いている。これはどちらかというと欧米の働き方に近いですね。

 一方、日本はずっと同じ会社にいて「まっすぐ上に上がっていく」というか。そこにギャップが出てきているのではと感じます。だからこそ、若い人で常にステップアップしていきたい人財を社として上手に活用しないといけません。

 今の若年層はかつての「発展している日本」を見ていない。ですから自分で将来設計をしっかり立てないと非常に不安なんだと思うんですよ。私たちの世代は高度成長期だったから「働いていれば給料が上がる」時代でした。今は違うからこそ、我々も既成概念を排除しないといけません。

「時短の女性」が生産性向上をリードする

――高橋社長の指摘する既成概念の排除は、ダイバーシティ経営で重要な「無意識のバイアス」の排除ともつながるものがあると思います。先ほどは若手世代の話でしたが、では、働く女性に対しての既成概念を感じることがありますか。

高橋:あるベンチャー企業と仕事をしているとき、いい話を聞いたんです。その会社はすべての業務をプロジェクト制にしているんです。だからプロジェクトマネージャーが、そのプロジェクトを推進するために人をアサインする。そこで、彼らが一番アサインしたいのは、実は「時短の女性」だというんです。 

 なぜかというと、「時短で仕事をする女性は、ものすごく効率よく働くから」なんだそうです。定められた時間の中で非常に効率よく働く人をプロジェクトに入れると、プロジェクト自体が引き締まるそうです。これは、傾聴に値するいい話だと思ったんです。

 「働き方変革だから、早く帰れる」ではなくて、自分の責任でスキルアップして会社にどう貢献していくことと、効率よく働いていくことは、そのケースのように矛盾しません。それが両立できる仕組みがあれば、働き方変革を企業の成長により結びつけることができるのではないかと思ったのです。そんな考えを醸成していくのがいいのではないかと思いました。

――時短社員の処遇が課題となっている企業は多いのですが、その企業ではむしろ生産性向上に貢献しているんですね。テレワークなどが活用されると、時間制約のある社員でもより活躍できますね。

高橋:テレワークについては、当社は何千人も使える環境にあるのですが、全然物足りないです。テレワークだけでなく、もっとITを使って効率的に仕事ができる仕組みを探りたい。もう一段階上げられないかと考えています。

 大企業の働き方と、例えばIT系の働き方は全然違います。例えば、先日傘下に入ってもらった「ソラコム」という会社は、社内ではお互いをニックネームで呼びます。オフィスに来ることもあるけど、基本的には全員がテレワーク。すべてのコミュニケーションをSlack(スラック)でやっている。全員で集まる会議はほぼありませんが、それでも十分に成り立っているんです。

 当社は何万人という会社なので、同じようにできるかというと簡単ではないけど、近づかなきゃいけないですね。働き方変革によって働く時間と場所を柔軟にして、より多様な人財が活躍できる環境をつくりたいと思います。