◆従来のコーチングとエグゼクティブ・コーチングの違い

 ここで、従来のコーチングとエグゼクティブ・コーチングの違いについてお話ししたいと思います。

 従来のコーチングとエグゼクティブ・コーチングでは、第1に対象が異なります。従来のコーチングは、コーチがクライアントに対して1対1で行うものでしたが、エグゼクティブ・コーチングは、1対多数、つまり、クライアントの周りにいるステイクホルダー(上司や同僚、部下など)を巻き込むことになります。

 第2に、選ぶテーマが異なります。従来のコーチングは、営業力アップやコミュニケーション力アップなど、クライアント自身が課題を考えている点を改善することを目指すものです。一方で、エグゼクティブ・コーチングは、クライアントの行動変革を目指します。具体的には、クライアント本人を周囲がどのように思っているのかをヒアリングし、その中からクライアントが課題を選んで行動変革に取り組み、周囲のクライアント本人に対する見方を変えることがテーマになります。


◆前向きな自己否定

 なぜエグゼクティブの人たちには、従来のコーチングとは異なる、エグゼクティブ・コーチングが必要になるのでしょうか。

 繰り返しになりますが、エグゼクティブの方には優秀な方が多い。優秀で成果を残してきたからこそ、その経営者や管理職という地位に就いてきたのです。しかし、プレーヤーとしては優秀であっても、マネジャーとして優秀だとは限りません。

 私が問題としてよく耳にするのが、管理職の人が発する言葉が職場に与える影響についてです。何気ない発言によって周りが大きく振り回されることが往々にしてあり、その点を認識していないために、いろいろな問題が生じているのです。

 また、エグゼクティブの人は優秀であるため、自分の中で思いこみや先入観を持っていることがよくあります。次のようなものです。

  • 自分は正しい
  • 周りは間違っている
  • 自分の仕事の方法で成功してきたのだから、それを続けていけば成功できる ...etc

 しかし、現在、世の中の変化のスピードはすさまじく、従来のやり方がこれからも通用するということはまれです。過去の成功体験が邪魔をすることもよくあるのです。過去の成功はすべて捨て去り、変革を続けなければ、通用しなくなっています。

 エグゼクティブ・コーチングでは、これを「前向きな自己否定」と呼びます。もっとこうすればいい、別にこのような考え方があるなどを提示し、前向きに自己否定をしながら行動変革を促すのが、エグゼクティブ・コーチングなのです。