植田寿乃
キャリアコンサルタント/ダイバーシティコンサルタント

垣間見たピラミッド型男性社会の軍隊構造的な姿

 今年の新春に、女性と組織の活性化研究会の事務局として、また多くの公開セミナーのビジネスパートナーとして関わっている日本生産性本部の新年互例会なるものに参加する機会がありました。ホテルニューオータニの大広間に入った途端、まるで別世界にワープした感覚を味わいました。1500人を軽く超え、超満員の宴会場には、40代、50代、60代の男性経営陣がびっしりです。女性比率は3%くらいでしょうか。まさしく、世の中の企業の女性管理職比率の構図がここにありました。そして、何ともいえない重苦しい空気。男軍隊の空気です。久しぶりに、こういう状況に身を置きましたが、女性である私はまさに窒息しそうでしたが、男性はそんなことは感じてないようでした。

 壇上では、大きな画面とともに会長の挨拶が始まると、微動だにせず、全員が真面目な顔で前を向いて聞いています。やっぱり偉い人が壇上から話す威力はすごいものです。ピラミッド型男性社会の軍隊構造的な姿を垣間見ないではいられませんでした。

 私が注目したのは、会長が今年の活動の3つの柱の2番目として取り上げた「ワーク・ライフ・バランスの実現」についての部分です。思わず周りの人たちの顔をチェックしてしまいました。無表情、そして数人が鼻からため息をついていました。頷いている人は見かけません。男性が不得意とする非言語での感情表現ですが、少なからず納得や合意のサインを出している人は、周りに見受けませんでした・・・。心の中はどうなのでしょう。