キーワードはバリューチェーン(価値の連鎖)

 周囲に目を向けがちなファミリーカータイプの方が、もっとやりがいを感じていくためには、仕事のそのものの面白みを開拓していくのが良いでしょう。社内的な仕事をされている方は特に、バリューチェーン(価値の連鎖)を意識されると良いかもしれません。自分のやっている仕事は、他部門とどのように連携し、顧客の役に立っているのか?その価値の連鎖を意識することが重要です。会社と顧客の関係、業務の大きな流れなどの仕事の全体像を掴み、自分の仕事がどこに位置づけられているのか、理解するということです。

 以下にバリューチェーンの概念図を参考までに掲載します。新入社員研修などで習った方もおられるかもしれませんね。一体、あなたの顧客は、そしてその先の顧客はどこに居るのか?考えてみてください。

 そしてもう一点、仕事に対する評価をしあうということも効果的でしょう。ポイントは、「人」としての評価ではなく、具体的な業務、取り組みに対する評価をしあうということです。例えば上司に「私について評価をしてください」と聞いても「う~ん、良くやってくれてると思うよ」といった漠然とした答えしか返ってこず、次への改善につながりません。それを「先日行ったAプロジェクトについて評価をしてください」と具体的にするだけで、随分と答えは変わってくるはずです。このような、互いに仕事の中身に関してフィードバックしあう文化が、仕事の本質を常に考えるクセ作りや、互いの成長に繋がるはずです。

 次回は、いよいよご協力いただきましたアンケート調査結果の発表です!

 お楽しみに!