組織が大きくなると評価の目的が進化する

 企業規模がそれ以上になれば、「おやじ」の目は行き届かなくなり、管理職に評価を任せざるを得なくなります。ここで評価の質的転換が必要になってくるのです。「おやじ」が一人で評価をしていたときは、特にルールは必要なかったのですが、複数の評価者で評価するとなると、誰が評価してもおおむね同じ評価結果を得られるようなルールが必要になってきます。しかもルールは説明できなくてはなりません。説明できるためには、ある程度の論理性が必要です。また評価する人が違えば、ルールの解釈にも温度差が出てきます。評価者による甘辛が出てきます。このような問題を解決するため、評価者研修も必要となります。評価に時間がかかるようになるのです。