下の図に示したように、管理職は自分が担当する仕事の責任者ではなく、部門全体の業績の責任者であることをよく理解する必要があります。管理職は通常、プレイングマネジャーとして部門の仕事の一部を担当しています。このため、自分の仕事に没頭してしまって、部門全体の仕事の進捗についてほとんど関心を示さない管理職がいます。すると、なかには適切な指示がないために手抜きをしている部下も出てきます。

「多忙への逃避」から脱却せよ

 管理職はその部門の中ではベテランで、優秀です。部下に仕事を任せるより自分でやるほうが、早くて的確な場合が少なくありません。その結果、自分で部門の仕事の大半を引き受け、多忙を極めることとなります。

 このような部門では、管理職個人の仕事量以上の成果は得られません。もっと部下を育て、部下に任せ、適切に指示すればより多くの成果を得ることができるのに、そうしません。自分だけが忙しく仕事をしています。自分の肉体は疲れますが、仕事を頑張っているという充実感はあります。しかし、これは一種の逃げです。「多忙への逃避」です。