評価は絶対必要である

 評価というものは、「やったことの処遇への反映」を行う一つの道具と考えれば、極めて不完全なものです。完全な評価制度などありえません。それに加えて、評価する人が評価制度を完全に理解して評価に当っているかといえば、そうでもないし、ましてや完璧な人間など存在しません。評価者によっては、その評価能力にも疑問符がつきます。

 このように考えると、評価は、信頼性の高いものはとはいえないかもしれません。それゆえ、「評価を真面目にやっても仕方がない」「評価は必要ないのではないか」という意見も耳にします。

 しかし、一次評価者である管理職に強調したいのです。「評価は絶対必要である」と。

 評価には完全、完璧でないという側面もありますが、やはり必要であることに疑いはありません。評価がなければ、管理職のリーダーシップは効果的に発揮されません。部下の能力開発も効果的に行われません。やる気も生まれません。組織の活力も生まれません。会社の経営理念や、大切にしたい価値観の浸透も十分行われません。部門目標の達成もおぼつかないし、会社の業績も上がりません。評価は完全ではないものの、それを担う一次評価者の、評価の完成に向けての努力が重要であると強調したいのです。

 評価は、管理職の本源的な役割です。評価に真正面からぶつかっていき、一歩一歩前進していく姿勢が重要です。その努力が部下を育て、自分自身も成長させることにつながります。