評価のパワーを活かしきるための三つの心がけ

 評価のパワーを活かしきるために、次の三つを心がけてもらいたいと思います。

  1. 評価のパワーを信じて手を抜かない
     評価のパワーを信じ、そのパワーを生かしていただきたい。必ず部門業績向上や部門活性化になって結実します。評価には手間と時間がかかります。これを余分な仕事と考えず、手を抜かないことが大切です。評価は管理職の本源的な仕事なのですから。評価をしっかり行うことが、回り道であるけれど、必ず部門業績達成、部門活性化に結実してきます。
  2. やることの確認が大切
     評価は「やることの確認」「やっていることの確認」「やったことの確認」というプロセスで行います。その中で一番重要なものは最初に行う「やることの確認」です。「やることの確認」が十分できていないと、後の「やっていることの確認」「やったことの確認」は砂上の楼閣です。言った、言わないと紛糾するのも、最初の「やることの確認」がしっかりできていないためです。個人目標に上げた目標項目であれば、すでに「やることの確認」はできているはずですが、個人目標以外の仕事についても「やることの確認」をしっかり行うことが大切です。
  3. 見える化を心がける
     評価というものは、上司・部下がお互いに「見えている」状態にあることが大切です。何が「見えているか」というと、「やるべきこと」「やっていること」「やったこと」が「見えている」ということです。個人目標にあがっている項目は比較的「見えている」状態にありますが、目標に上がっていない仕事についても「見えている」状態にすることが必要です。

 以上述べたことをまとめると、次の図ようになります。