この適正労働分配率線を活用して人件費を管理していきます。

 今、A社において付加価値を2,100百万円と計画した場合、総額人件費の計画は次のように求めることができます。