同僚・仲間と行うコーチング

 フィードフォワードとともに、自己変革に役立つ手法として、ピアコーチングをご紹介します。「ピア」とは仲間のことであり、ピアコーチングとは、一般的なコーチとクライアントの関係で行うコーチングと異なり、同僚・仲間同士で、互いにコーチとクライアントの両方の役割を担うコーチングを指します。コーチングと言っていますが、自身が改善したい点について、お互いに話し、チェックし合うというイメージでいいと思います。

 方法は簡単です。
 (1)改善したい点を、信頼できる人に話す
 (2)アドバイスをもらい、改善に努めていく
 (3)定期的にチェックしてもらう
 相手もこれと同じことをします。

 ピアコーチングのメリットは次のとおりです。
 (1)身近な同僚・仲間のコーチングをすることで、自分自身についても振り返ることができる。
 (2)コーチとクライアントの両方の役割を担うことで、対等の関係が生まれ、安心して話すことができるようになるため、互いの考えや能力を、効果的に引き出すことができる。信頼できる人同士で定期的にチェックし合うことで、確実に改善を進めることができます。

 これからの時代において、高い生産性を上げる組織を率いて、成功するリーダーになるためには、フィードフォワードとピアコーチングが不可欠になるはずです。自己変革にとても有効な手法なので、すぐに始めてみてください。新しい発見が必ずあるはずです。

 今回は「一致協力する組織」を作るための第1ステップ「リーダーの自己変革」の、第3段階としてフィードフォワードとピアコーチングに焦点を当ててお話ししました。次回は、「一致協力する組織」を作るための「働きやすい職場作り」についてお話しします。

細川 馨(ほそかわ・かおる) ビジネスコーチ株式会社 代表取締役
細川 馨

 外資系生命保険会社に入社し、支社長、支社開発室長などを経て、2003年にプロコーチとして独立。
 2005年にビジネスコーチを設立。エグゼクティブコーチ育成のスクールを主宰。著書に『あなたの成果が爆発的に飛躍するできる仲間の集め方』(日経BP社)、『上司は社員と飯を食え』(日経BP社)、『「右腕」を育てる実践コーチング』(日本経済新聞出版社)など。

※筆者の会社名および役職は執筆当時のものです。