また、「変わる」と公言することは、同時に、自分自身への有言実行を促し、行動変革を継続させるための大きな動機付けになります。メンバーの前で公言することで、後戻りができなくなり、自分自身が「変わらなければいけない」ということを強く認識し、「変わる」ためのコミットメントをすることになるのです。

 リーダーが「変わる」と公言し、それに向けて努力する姿を見ることで、周りの部下も「自分も変わらなければ」と思い、努力し始めます。そして、職場は活性化していくことでしょう。

 今回は、職場を活性化させるために、部下を知って信頼関係を築くことについてお話ししました。次回は、職場の連帯感を高めるということについて解説したいと思います。

細川 馨(ほそかわ・かおる) ビジネスコーチ株式会社 代表取締役
細川 馨

 外資系生命保険会社に入社し、支社長、支社開発室長などを経て、2003年にプロコーチとして独立。
 2005年にビジネスコーチを設立。エグゼクティブコーチ育成のスクールを主宰。著書に『あなたの成果が爆発的に飛躍するできる仲間の集め方』(日経BP社)、『上司は社員と飯を食え』(日経BP社)、『「右腕」を育てる実践コーチング』(日本経済新聞出版社)など。

※筆者の会社名および役職は執筆当時のものです。